ビジネスと想像力

ビジネスで重要なのは想像力、創造力(クリエイティビティ)。

自分の仕事柄、ビジネスアライアンスの話を取りまとめることが多いので自社の強みと弱みを評価し、相手方とどのように協業して行くか、日々考えています。

例えば、この協業により、ユーザにはどのようなメリットがあるか、ワークフローがスマートになるか、リードタイムが短縮できるか、業界に歓迎されるか、イノベーティブか(急にフワッとしたな)、良い製品を早く作れるか、その結果、顧客、協業先、自社にはどのような利益がもたらされるか。

自社もそうかもしれませんが、ものづくり業界ってすごく縦割で専門特価されているんですよね。実装基板一つとってみても、材料メーカー、部品メーカー、製造メーカー、金型メーカー、実装メーカー、治具メーカー、組立、ハーネス、設計、ソフトウエア、システム、シミュレーション、検査、測定機器メーカー、工作機械メーカー、商社、そしてそれぞれ各分野が、試作、量産ごとに分業されていたり・・・無数の企業と専門企業が集まっています。そして意外にも、お互いがお互いの業界(狭いけど)を知らなかったりします。

これらを統合することは不可能ですが、少なくとも想像力を働かせて、現実的な課題とニーズを見極めて新しい世界を創造することが大切です。なんでもかんでもスクラップ&ビルドしたり、連携することが答えになるわけではなりません。残すところは残し、変えるところは変える。想像力に加え、て、経験+理論+エビデンスに基づく分析力も加えて。

そんなことを考えていると、あっという間に週末です。

そうそう、話題とは全然関係ないですが、なんかいい感じの写真が撮れました。

 

丁寧な仕事

取引先との会食は、会社近くに出来た「沁ゆうき」で。

元々コース料理のみを提供する店として評判が高かった「たるたる」が装いを変えて再オープンしたようです。

前菜の茶碗蒸し、出汁の美味しさにうなり、

からすみ大根は、からすみと大根とが分かれているタイプ

刺し身

美食家の社長も思わず唸る一品の数々。
美味しいものって、丁寧な仕事がしてあります。

板前さん、職人さんの血の通った思いが伝わりますね。

ビジネスも料理も、丁寧に、ですね。
 
 

スタバと紅葉

各地から紅葉の写真が送られてきて目を楽しませてくれます。

今日は神戸マラソンでしたね。所属するランニングチームからもたくさんの方が出走されていました。応援には行けませんでしたが、皆さんの激走の様子はLINEグループやSNSで共有され、一緒に走っている気分になりました。いやー、これから毎週、大会がありますからね、シーズン真っ只中ですね。

ランナーの皆さんも、応援隊の皆さんも、お疲れ様でした!

この週末はゴルフが流れたこともあり、模様替えをしたり、いらない服を捨てたり、トレーニング用のテーパードパンツを買ったり(何本買うねん)、スタバで仕事をしたりして、かなりゆっくりと過ごしました。

スタバのクリスマスブレンドが美味しい季節です。

思うに、片付けとメンテナンスをする時間を、週に一日はたっぷり確保することって、とても大切ですね。「片付け」の中には、部屋やクローゼットの掃除から、PCのデスクトップを整理したり、衣服と身体のメンテナンスをしたりすることが含まれています。とっ散らかっていると、精神衛生的にも、仕事面でも良いパフォーマンスが発揮できませんから。
 
さあ、明日からも新たな気持ちでがんばります!
 
 

窓から差し込む夕日とルーブル展

当初の天気予報が外れて、良い天気の週末になりました。
 
パリのルーブルは死ぬまでに一度は行ってみたい場所の一つですが、今、大阪市立美術館では「ルーヴル美術館展 肖像芸術 一 人は人をどう表現してきたか」が開催されています。

住友家から寄贈された土地に、1936年に建てられた美しい建物です。

少し引くと、あべのハルカスとコラボできます。しかし、ここが天王寺公園の中にあるとは思えないですね。写真の撮り方によっては海外のどこかに見えなくもありません。

展覧会の方はたくさんの人で賑わっていました。

時の権力者たちの肖像画、彫刻110点が一堂に会しています。中にはモデル不詳の作品もありますが、それがまたいい味を出していたります。そうか、人間ってこんな表情をするんだな、という気付きもあり。

スマホで手軽にいつでもポートレートが残せる時代とは違い、各時代において、為政者たちの肖像は、権力の誇示、治安の維持、統治の象徴となりました。ローマ皇帝の彫像は当時職人により量産され、各地方の出先機関に設置されたということです。権力者があしらわれた贈答用の美術工芸品も、とても細やかなつくりで魅了されました。

公式サイトから

本展は、ルーヴル美術館の全8部門―古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画―が総力をあげた企画です。各部門を代表する肖像の傑作およそ110点を一挙に堪能できる、きわめて貴重な機会となります。

紀元前1300年前後のエジプト王国時代のマスクから、19世紀前後の作品まで、広範囲に渡る時代を代表する作品が展示されています。個人的にはナポレオンのコーナーが見応えがありました。オススメです。

夕暮れ時、西向きの窓から差し込む夕日がシャンデリアに映えてキラキラ輝いていました。

 
 
 

【応援参加】にしのみや甲子園ハーフマラソンで元気をもらいました

今年もエントリーしていた「にしのみや甲子園ハーフマラソン」。

もちろんDNSを選択しましたが、せっかくの大会、所属している「うめラン」の皆さんと姉妹チーム「メビラン」の皆さん、そして友人たちも多数出走するので、応援に行ってきました。

こうして沿道で応援するのは初めてかも! やはり応援に来ていた隣の老夫婦と仲良くなりました。
松田知樹

さて、スタート前。
棄権する選手用に、チップ回収ボックスがあります。ここにチップを投げ入れる時の切なさ・・・ これも初めての体験です。

皆さんで記念撮影!

がんばってくださいね!

今日は気温が高かったので、結構しんどいレースとなったのではないでしょうか。

少しでも元気が出るように、ランナーを一生懸命応援しましたが、逆に走っている皆さんから、すごく元気をもらいました。

ゴール前なんて、応援に応えてくれるランナーの皆さんの汗まみれの笑顔の素敵なこと。いつもは応援してもらう側ですが、応援する側も本当に良い経験ができるのが、マラソン大会ですね。やっぱりマラソン好きだわー。

来年こそは絶対にリベンジしてやる!そう誓った大会となりました。次は大阪マラソン。ここでも一生懸命応援したいと思います!

さて、インスタにジャージ姿をアップすると、どこのジャージですかと聞かれたので紹介しておきます。普段着には全くお金を掛けず無頓着なのですが、ジャージは毎年新調し、ちょっとお金を掛けます。笑

今シーズンは、アンダーアーマーのフィッテド。2年連続アディダスだったのですが、今年はUAに浮気しました。(シューズはアシックス ゲルフェザーグライド Gelfeather Glide 4)
[アンダーアーマー] ニットフルジップフーディー2.0(トレーニング/パーカー) 1328344 メンズ BLK/BMH/WHT 日本 LG (日本サイズL相当)
松田知樹

パンツはテーパードなスリムジャージですね。LGサイズ(日本サイズL)。自分は身長183cm、中肉中背ですが、Lでピッタリ。XLにすると、ちょっとダボつくので、フィッテド特有のスリムさがなくなります。アンダーアーマーはワンサイズ小さめを選ぶのが、タイトに着るコツです。

ジャケットのヒップ部分に「Under Armar」のロゴがおしゃれ。
[アンダーアーマー] ニットテーパードパンツ2.0(トレーニング/ロングパンツ) 1328345 メンズ BMH/BLK/WHT 日本 LG (日本サイズL相当)
松田知樹

自分が着ているのは、「BLK/BMH/WHT」のカラーコンビネーションですから、真っ黒ではなく、少しグレーが入っている感じです。ニット地ですので、発汗力に優れていて良いと思いますよ。

合唱ってほんとにいいですよね

娘の中学校の合唱コンクール(予選)へ。

なぜ(予選)かというと、学年1位のクラスが文化ホールで開催される本番へ進出する切符を手にすることができるからです。

娘の学校は中高一貫なので、6学年あります。しかも毎年NHKコンクールの決勝まで行って賞を取ってくる学校なのでレベルが高い。男子も女子も上手!それゆえ、それぞれの学年1位のクラスと、学年全体で行う合唱はとても良いらしいのですが、いかんせん平日なのと出張なので、本選は泣く泣くあきらめ。

中学生の男女が一生懸命歌っている姿もさることながら、合唱曲って良い曲が多いですよね。聴きながら、何度ウルウル来たことか。ちなみに、僕はYoutubeで合唱を検索して視聴するくらいの合唱好きです。ああ、合唱いいなー。

さて、今日も最高の天気でしたね。

朝から軽ジョグ5km。

山に向かう復路が向かい風になり始めると冬の訪れです。そう、六甲おろしですね。六甲山がある北側から山を超えて吹き下ろす冷たい風。

走りながら、また冬が来たか、このコースを、あの時こんなこと考えながら走ったよな、昨年はこうだったな、とか、過去の出来事に思いをめぐらしながら走りました。レースに出れない今年は毎年の冬とは少し違いますが、またこの向かい風と戦う日々がやってきそうです。
 

 
 

天気の良さと反比例

 
あまり書くことでもないのですが、実は今週(本当のことを言えば2週間前くらいから)ず〜っと調子が悪い状態が続いています。

最初は喉の痛みや咳から始まり、ああ、これは季節特有の花粉症だな・・・と思っていると、ついに火曜日あたりから身体中のしびれや胃腸の不調(なんか語呂いいな)を伴い始めました。

不調ってほんと嫌ですよね。何ひとつプラスになることがありません。不調になったからと言って、仕事が進むわけではないし、仕事がなくなるわけでもないし、山登りに行けるわけでもないし、サンマと「ひやおろし」を楽しめるわけでもないし。損することばかり。

ああ、やだやだ。

とはいうものの、朝の起床時はちょっとスッキリとしている時もあって、昨日は、5kmの早朝ジョグに出掛けました。ほんまはアカンのでしょうけどね。でも、身体の調子が良い時は動いてしまうんですよね。

ピッカピカの天気!

これだけ六甲山がきれいに見えると、山に行きたくなります。
天気の良さと体調の反比例。

なんだかなー!

 
 

炭水化物まみれなのに、痩せたといわれる妙

 
最近、会う人会う人に「痩せた?」と聞かれることが多いから安心している訳ではありませんが、炭水化物まみれの日曜日。

ラーメン好きの人は多いと思いますが、我が家では、僕と長女がラーメン好き(もっといえば、麺類全般好き)。家族で外食となると、妻と次女はラーメン屋には全く興味がないので、皆が好きな焼肉や寿司屋やファミレスという選択肢になります。

たまたま今日のランチは、僕と長女だけだったので、二人が好きなラーメン屋に気兼ねなく向かうことができました。

次女が帰ってきた夜はなぜかパスタ屋へ。炭水化物祭りや。

それにしても、全く走れていないこの二ヶ月間と、毎月150km走っていた「それまで」を比べると、カロリー消費量に相当な差があるのは紛れもない事実なのですが、僕がせっせと消費していたカロリーはどこに行ってしまったのでしょう。太るどころか痩せるなんて。

単純計算(体重(kg)×距離(km)=消費エネルギー(kcal))で、5km=約400キロカロリーを消費するとして、一ヶ月で消費する12,000kcalが、本来であれば蓄積されるはずなのに。お酒の量が減ったからかな。それは関係するかもしれませんね。
 
今は、とりあえずストレッチと筋トレに励んでいます。
 
 

時間によって表情を変える空と雲

 
4時半に起床。
前夜、少し早めに就寝したということもあり、割と気持ちよく目覚めることができました。

荷物は既に車に積んでいたので、貴重品とドリンクバッグだけを持って家を出て、コンビニでホットコーヒーを買い、まだ真っ暗な高速道路をドライブ。今日の舞台は池やビーチバンカーでセパレートされたコースが美しい、京都と奈良の県境にまたがる、かさぎゴルフ倶楽部です。

山間部に差し掛かると、外気温は、9度、8.5度、8度と下がって行きます。
10度を下回るともう冬のゴルフですね。

寒さもあってか、朝焼けと雲のきれいなこと!

一日の寒暖の差は激しく、日中は半袖でもOKになりました。空も表情を次々と変えていきます。
気持ちいいなあ。

肝心のラウンドは、終始笑いっぱなし。
いやー楽しかった!

ご同伴のみなさん、ありがとうございました!
 

 

二ヶ月ぶりに地元コースをラン(幸せ!)

 
今朝は早起きして、およそ二ヶ月ぶりに地元コースをラン。いや〜ここまで長かった!

ランといってもかる〜いユルジョグです。やっぱり二ヶ月のブランクは大きいですね。足首や足裏の様子を見ながら、5kmをゆっくりゆっくり。足裏に痛みはあるものの、薬が効いているようで、久しぶりのジョギングを楽しみました。

8月に月間120kmを走った後、足底筋膜炎とリウマチを発症。
その時の記事がこちら → (一人のランナーがリウマチ発症に際して考えること、感じること 〜急がず焦らず、マラソン復帰を目指します!〜)

9月はアメリカで少し、信州で少しジョギングした程度で、走行距離は5kmに満たず。10月にいたっては、今日まで0kmだったのですが、最終日に「5km」を刻むことができました。それにしても、走って汗をかけるってなんて幸せなんだろう。僕はやっぱり、走ることが好きなんだな。

ランニングタイツを履いてちょうど良い時期になりましたね。

9月の台風による高潮で、芦屋浜も随分と打撃を受けたことは知っていたのですが、まだまだ深い爪痕が。

流木など

景色を楽しみ、風の音に耳を傾け、波を見ながらの早朝ラン。

今日の感触では、ハーフやフルマラソンにはまだまだ復帰できそうにありませんが、ゆっくりゆっくり「走ることを楽しむ」ことから再開したいと思っています。

なんてったって、僕はランナーなんですから。