ケンタッキーに行って、チキン食べずにビスケットだけ食べて帰ってきた気分

夏といえば鱧ですね。

会社を出る前、魚が美味しい店の話をしていたので、ちょっと一杯やりたくなり、帰りに馴染みの居酒屋にふらりと立ち寄りました。

メニューは夏仕様。
鱧がいいですねえ。鱧皮の湯引きポン酢に天ぷら。最高です。

変わり種で、焼きアボカドも。

ああ、良い気分。

さあ帰ろうか、と、帰宅してから思い出しました。

肝心の、「鱧の湯引き梅肉添え」をオーダーするの忘れた!!! これ。↓

ああ、真打ち。

まるで甲子園球場に行って、野球見ずに通路で焼き鳥だけ食べて帰ってきた気分!

ケンタッキーに行って、チキン食べずにビスケットだけ食べて帰ってきた気分!

なんか忘れてると思ったんですよね〜
まあ、また店に行く理由ができたので良しとしましょう。

こんな夜もありますよ。

「あれが世界遺産の姫路城だよ」「ほう、今も殿様が住んでいるのか?」(カナダ人エンジニアとの会話)

試験機メーカーの担当者がカナダから来日。APACをマネジメントするシンガポールの商社のアプリケーション・エンジニアと一緒に姫路のメーカーさんを訪問。

天気も良くて、姫路駅からは姫路城が美しく見えていました。

「あれは、世界遺産の姫路城だよ」

「今も殿様が住んでいるのか?」

「いや、もちろん住んでいない。今は観光名所だよ」

「じゃあ、子孫が住んでいるのか」

外国人の反応って、日本人が常識だと思っていることが常識じゃなかったりするので、面白いですよね。子供が想像を超える答えをいうのと同じくらいのレベルです。思わず笑ってしまいました。

皇居ランから始まる一日

久しぶりに皇居ラン。

早朝でもたくさんのランナーが走っています。前を良いペースで走っている人、村岡ダブルフル(ウルトラ100km)のTシャツを来ていてビックリしました。鉄人がいますね。

くもり空でしたが、とても涼しい朝でした。ペースを上げて一周。
それでも汗だくになりました。

やっぱり朝のスタートはランニングに限りますね。
毎日できればいいのだけど。

半蔵門から麹町をフラフラしながらイタリアン

移動と打ち合わせの一日の帰り、四ツ谷から定宿がある半蔵門までの道中の紺碧の空を見上げつつ、ああ、今日も仕事したな、心地よい疲れを感じているな、なんだか生きているな、そう思いつつ、今日の夜ご飯は何にしようかと思いを巡らしながら歩きました。

色々と考えた末、麹町で人気なイタリアンで、牛ハラミとスパークリングとサラダであっさりと。

さあ、明日もがんばりましょう。

梅雨の晴れ間の京都でベトナム料理

たまに、本格的なフォーを食べたくなることはありませんか?

ちょうど仕事で来た京都で、ご飯を食べて帰ろうと検索すると、烏丸に コムゴン 京都 という人気店があるのを見つけて、行ってみました。

フォーといえば、僕はやっぱり牛肉です。

肉のうまみが美味しくて、サンノゼで食べるフォー(僕の中ではフォーの味の基準店)よりもしっかり味が濃くてとても美味しかったです。

やっぱり、ゴイクンは外せませんね。
ベトナムビールと共に。

今年は9月と12月にベトナム行きが決まっています。

京都のベトナム料理もとても良かったですが、今後は本場の味を楽しみたいと思います。

仲間たちとの熱い夜の翌日、西へ移動するにつれて雨が強くなっていた

火曜日から木曜日まで三日間に渡る神奈川出張の帰り。西に向かうにつれ、新幹線の車窓から見える外の雨は強くなって行きます。

リュックの中にはいつ降ってもいいように折りたたみ傘を入れておいたのですが、幸いなことに横浜では一度も傘をさすことがありませんでした。

今回も、たくさんのメーカーさんを訪問しました。どこも新しい技術情報にはとても敏感で、話す内容にとても関心を持っていただいたのは嬉しいですね。導入への予算取りは、また別の話です。

昨夜は、宿泊先からほど近い横浜西口にて、(一社)グローバル人事塾の理事仲間たちと合流して遅めの飲み会。この三人で集まるのって、いつぶり?それとも初めて?

何はともあれ、それぞれ本業も会社もバラバラですが、有志が集まってボランティアで勉強会の運営を続けるのってなかなか大変なのですが、このように思いを共有できる仲間が社外にもいることに、僕は大きな幸せを感じています。

これからもがんばって行きましょう!

品川から横浜へ

神奈川で終日顧客訪問と打ち合わせ、夜は品川のカフェバーでハイボールと肉。
忙しい一日の締めくくりに何を選ぶかと言われると、最近は魚よりも肉の選択が多くなってきました。そういえば、ランチも味噌カツ食べたな。笑

今日の夜は、人に寄り添い、人に支えてもらう、がテーマ。

現在の社会システムって、どうしても資本主義経済が根っこに横たわっていて、富の獲得と分配が大きなテーマになってきます。持てる資産の多い少ないが、大きなストレスとなることも事実。だって、生活するためにお金が必要ですからね。

でも、人間が作った社会だからこそ、いつの時代も人が根底にあるのは事実です。多み少ない関係なく、様々なストレスを抱えながら、酸いも甘いも喜怒哀楽も、全部ひっくるめて、それが人間だし、社会だし、その中で毎日を生きながら、支えたり、支え合ったりしながら何か一つの目標を持ってコツコツと積み上げて行くしか方法がない。そう思っています。

さあ、明日もがんばろう。

シンプルなものがいい。例えば、鳥に塩とか、キュウリに味の素とか、ル・コルビュジエのサヴォア邸とか

秋吉の純けいと、キュウリに味の素。

シンプルなものが、いいですね。

「シンプル=簡単」 とか 「シンプル=手間が掛からない」と勘違いしがちですが、決してそういう意味ではありません。真逆です。余分なものを削ぎ落とし、飾り立てもせず、本質だけで勝負する。力がないとできない。本物だけに許された勝負の仕方。

それが、シンプルの定義です。
だから、どんな手の込んだものよりも美味い。

建築でいうと、桂離宮とか、ル・コルビュジエのサヴォア邸とか。

シンプルこその緻密さ。果たして、焼鳥やキュウリがそこまで緻密に計算されているのか分かりませんが、少なくとも、美味しいと感じるのであればそれで良し。あ、最後は主観で終わってしまいましたね。

最近、同じマンション内で引っ越したのですが、ミニマリストな僕は、部屋もいらん、何もいらん、自分の荷物はクローゼットに収まる分だけでよろしいと宣言し、部屋を一つ、盛大につぶしてリビングを拡張し、広大なリビングで折りたたみベットを広げて寝るというライフハックを実験的に行っています。

それが、気楽で身軽でいいんですよ。

そもそも「旅ランナー」を自称しているくらいですから、スーツケース一つあればどこでも生きている人です。身軽さ、ミニマルさ。最高ですよね。

こちらは豚足。煮込むとか、そういう手間を一切省き、ただ焼いて塩を振っただけのもの。

今週は、図らずも毎晩会食。
こんなことをしていると、あっという間に金曜日。

さあ、ラストスパート。

やっぱりSamuel Adams(サミュエル・アダムス)

僕にとってアメリカのビールといえば、やっぱりSamuel Adams(サミュエル・アダムス)です。

ボストンラガーなので東海岸のビールであるにもかかわらず、カリフォルニアでさえ、ついついこれを飲んでしまいます。ちなみに、クラフトビール大国のアメリカではご当地ビールが各地にあります。各都道府県に地酒がある日本酒と良く似ていますね。

昨夜、ルクアの地下で見つけて、ついつい飲んでしまいました。やっぱり美味しい!

ガソリン注入したので、今日もフルスロットルでがんばります。

皇居ランできなかった代わりに、よく歩いた!

今朝は早起きした割にはなんだか身体がだるくて(寝る前のダメ押しハイボールが効いたか・・・)、せっかく準備していた皇居ランはパス。

その代わり、都内、横浜、川崎をよく歩いた!

訪問先はメーカーさんばかりなので、駅から遠いは敷地は広いわで、まあ、いい運動になります。これだけ歩いたのだから、今日の運動はOKということにしておきましょう。

一日の行程を終えて、羽田へ。

第二ターミナル二階奥のラウンジは最近までリニューアル工事をしていましたが、装い新たにPOWER LOUNGE(パワーラウンジ)として再開していました。スタバのようなカフェテイストな雰囲気になりましたよ。

ファミレスのドリンクバーのようなマシンではなく、ホテルのようなガラス瓶のサーバが設置されています。黒酢ジュースなどもあって、なかなかいいですね。

それでは、今から伊丹に飛びます。
みなさまもお疲れ様でした。