ラーメン雪崩が起きないように

IMG_5351

写真は昨夜、新大阪駅の亀王ラーメンです。
ラーメンって中毒性がありますよね。

これでも僕はランナーなので、一応体重管理はしているつもりなのですが、一度ラーメンを食べ始めると・・・毎日ラーメンが食べたくなってしまいます。二日食べると、三日連続、四日連続・・・と立板に水を流すようにラーメン雪崩が起きてしまうのです。どこかで断ち切らないと常習してしまう中毒性がある食べ物・・・怖い!

しかし、食べてしまったものはしょうがないと、二夜連続ラーメンを食べた後は、二夜連続でライトラン。二日前までは蒸し暑い夜でしたが、天気が下り坂になるにつれ、気温の方も随分下がってきました。夜の気温が20度を下回るようであれば、金木犀との相性も抜群。

秋!という感じがします。
 
 
 

リー・クアンユーが偉大なのか、シンガポールというロケーションが奇跡なのか

IMG_5074

現地のビジネスパートナーと丸一日に渡るミーティングを終えた後は、ボードキーに場所を移して、シンガポール・ナイトを堪能させていただきました。

アジア・パシフィックを管轄するインド人の彼らはとてもクレバーで、我々との堅牢なパートナーシップを再確認した夜となりました。たくさんご馳走になってしまった!

ここからは、偉大なシンガポールの夜景をお楽しみください。

IMG_5020

IMG_5070

IMG_5072

IMG_5073

グローバルビジネスをしていると、たまに自分がどこにいるのか分からなくなってしまいますが、自分が思っている以上に世界は狭いです。

しかし、国家としてのシンガポールは素晴らしい国です。物価も高いし、車も高いし、家は住めない程の値段ですが、この国を作った、リー・クアンユーが偉大なのか、マラッカ海峡の先端に位置するシンガポールの奇跡のロケーションが偉大なのか、はたまたラッフルズが偉大なのか。

その全てがYESなんでしょう。

IMG_5022

IMG_5026

IMG_5035

IMG_5031
 
 
 

神戸で走って日本酒を飲んでいた人間が、今日はシンガポールにいる

IMG_4896

別に出張だし、特に不思議がることでもないのかもしれませんが、前日まで神戸の日本酒フェスティバルにいたのに、今日はシンガポールにいる。僕は、今、ここで何をしているのだろう、どうやってここまで来たんだろうと不思議に思うことがあります。時間距離と物理距離のギャップに、身体が本能的に慣れていないのかもしれません。

さて、月曜日午前発のSQ(シンガポール航空)に乗り(やっぱりSQはいいなあ)、夕方チャンギ国際空港に到着。ホテルに到着してからチェックインする間もなくロビーで3時間のミーティングを終え(関係者の皆様、お疲れ様でした・・・)、21時を過ぎてようやく晩御飯にありつきました。

シンガポールといえばチキンライスです。

どこに行こうかと悩んだ時は、やっぱり知っている店へ。前回の滞在時でとても気に入った、ユニオンスクエアの「Wee Nam Kee」にタクシーを飛ばしました。やっぱりここの料理は全部美味しい!

IMG_4898

店の場所は同じでしたが、改装したようできれいになっていました。
シンガポールは来る度に発展して行きますね・・・すごいわ。

IMG_4894

IMG_4893

そして更に、折角だからと、シンガポールの繁華街、Clarke Quayへ。

IMG_4905

IMG_4908

IMG_4913

月曜日の夜から盛り上がっていました。
今回も弾丸出張ですが、しっかり成果を残して帰りたいと思います!
 
 
 

偶然の出会いから始まった西向きランニング 〜 灘の酒と食フェスティバル、餃子ひょうたんで極楽の一日

IMG_4846

ランナーにとってのシーズンは、11月から3月にかけて。つまり、秋から春までがマラソン大会がひしめく一番ホットな季節となります。10月は「オクトーバーラン」と呼ばれ、シーズン前の走り込みをする月。

10月に入ったし、今日は朝から走りに出掛けようと思っていました。ちょうど三ノ宮の東遊園地で「灘の酒と食フェスティバル」が開催されていて、うめ☆ラン主催で六甲山観光の西田さんも出展ブースにおられると知り、芦屋から片道13kmを走り、酒の試飲をして電車で帰ろうと計画を立ててスタート。

自宅から国道2号線に出るとすぐ、ラン友のTが走っているではありませんか。何の約束もしてなかったので本当にビックリしましたが、当然の如く合流し、一緒に三ノ宮を目指すことにしました。こういう偶然の出会いってありますよね〜。

HAT神戸のなぎさちゃんの前でパチリ。
IMG_4842

11時過ぎに東遊園地に到着。
早速、六甲山観光ブース前で、西田さんと!

IMG_4855

日本酒フェスゆえ、以外とミネラルウォーターが売れるようです。このお洒落なボトル、僕もお土産に購入させていただきました。
IMG_4845

試飲チケットを買っていざ入場!チケット1枚で試飲できるものもあれば、2枚、3枚の高級なものまで。1枚で試飲できるお酒ばかりを選ぶと、なんと5回も試飲できます!
IMG_4848

走った後だったので、一杯目は大澤本家酒造の「にごり酒」で。疲れた身体に染み渡る!
IMG_4853

IMG_4849

櫻正宗さんのブースで、スパークリングもいただきました。これも美味しかった。
FullSizeRender

その他、おなじみ白鹿さん、菊正宗さん、剣菱さんなどのブースで試飲。どれも最高でした。会場にはステージが併設されていて、JAZZのライブがあり、会場も大盛況。

IMG_4857

IMG_4858

ビッセル神戸のガールズ応援ユニット「ヴィッセルセレイア」の皆さんたちとも。僕の顔が赤いのはお酒のせいですよ!
IMG_4867

大盛り上がりの会場でも、偶然パパ友にも出会ったりして、今日は「偶然の出会い」の一日。

最後は三ノ宮高架下の「ひょうたん」で餃子を食べて帰宅。ここでも、隣の席の社会人一年目カップルと盛り上がりました。楽しいなあ!!

IMG_4859

IMG_4860

という訳で、走って消費したカロリーを大幅に上回る飲み食いっぷりでしたが、人との出会い、素晴らしい日本酒との出会いがあり、最高の一日となりました。皆様、ありがとうございました!
 
 
 

持って生まれた輝きは真似できないから、その時その時の精一杯の自分を信じる

IMG_4806

スーパーリラックスウィークエンド第二弾。今日も、とにかくリラックス。気にせずハイボールを飲み、TVを見ながら仕込んだ手巻き寿司を楽しみました。

天才と呼ばれる人や、キラキラ輝くオーラをまとったヒーロー/ヒロインは、持って生まれた何かを持っていますね。そういう人に会うと、ああ、これはスキルやなあ、と、羨ましいという気持ちはなく、ただただ感心します。こればっかりは真似できません。恐らく、努力して手に入るような代物でもない気がします。

じゃあ、99.5%の普通の人間には何ができるかというと、自分のその時その時の一生懸命の、精一杯の決定や選択を信じてあげることなんだと思います。その瞬間の120%のがんばりの積み重ねが今となり、未来を作る。

そのことを、純粋無垢に信じれると、結構、肩の力が抜けてポジティブに明日もがんばろうと思いますよね。持てないものを欲しがるのではなく、持てる可能性のあるものを努力の積み重ねによって手に入れる。

さあ、9月も最終週です。
国内、海外出張が続きますが、一瞬一瞬を張り切って参りましょう!

 
 

焼肉、ハイボール、ハイヒール

IMG_4804

起床 → 読書 → ランチ → 昼寝 → ジョギング → 散髪 → 焼肉 → 千鳥、麒麟、ハイヒールさんの漫才で爆笑(今ココ)

今日は集中してリフレッシュ!
やっぱり、焼肉とハイボールと、お笑いは心身の健康に不可欠ですね!それにしてもハイヒールさんの漫才、久しぶりに見れて幸せでした。面白いなあ。

ああ、良い土曜日だ。
 
 
 

習慣ってこわい

 
 
サンフランシスコ国際空港での朝食。

以前、メキシカンのカフェテリアがあった場所は、無事に改装工事を終えて「NAPA FARMERS MARKET」という地元のオーガニックな野菜を使ったカフェテリアになり、リニューアルオープンしていました。まあ確かにスーパーハイカロリーなメキシカンよりはベーグルサンドやスープやサラダの方が健康的で良いと思います。

ということで、僕もサラダとシエラネバダのペールエールで朝ごはん、朝ビール。

IMG_4782

IMG_4780

ここサンフランシスコ国際空港は、チェックインから手荷物検査、搭乗口までのルート(朝ごはんを食べる場所や、どこでトイレを済ますかまで)まで体が勝手に動く空港の一つですが、今回、関空行きの搭乗ゲートが99から93に変わっていたのを知らず、そのまま「いつもの場所だろう」と何も考えずに一番奥の搭乗口を目指していたところ、同行の社員に「93ですよ!」と声を掛けられて気付くということがありました。

習慣って怖いですよね。
ちゃんと確認すべきは確認しないと、時代は刻一刻と変わって行っているのですから。今回の学びの一つです。

FullSizeRender
 

 
 

101を夕日に向かって走る

 
 
アメリカに到着した初日が色々な意味で一番つらいのは、時差ボケのせいです。

往路の機内でしっかり寝れればそうでもないのですが、夕方17時のフライトで、日本時間の夜中3時に到着するようなものなので、なかなか寝付けませんよね。そうすると、睡眠時間2時間で夜中3時から、また新たな一日がスタートするようなもので、これはなかなか大変です。

しかし、その一日さえ乗り切ってしまえば、二日目からは軌道に乗るというもの。

とにかく今日は、空港についてから、夜に至るまでノンストップ・トップギアに入りっぱなしの動きでした。展示会の設営に、先日共同でプレスを発表した現地企業とのミーティング・・・ いやあ、海外出張らしくなってきた! 夕日に向かって101を走るハンドルにも力が入ります。

IMG_4519

夜はホテル近くのイタリアンで、基板業界の重鎮方と。ほんと、毎回楽しいし、勉強になります!

IMG_4517

IMG_4518
  
  

お頭付きの鯖寿司を食した衝撃は

今日は、SABARで有名な(株)鯖やの右田社長の実験的な取り組みの鯖寿司を囲む夜。

事の発端は、カウンターで盟友Aさんと飲んでいる時に横にいらした右田さんとAさんとの会話から。岡山県新見市出対身のお祖母様の鯖寿司が忘れられないAさんと右田さんとの話しから始まり、そのお祖母さんの味、僕に作らせてください!という一声で生まれた鯖寿司の会です。

今夜、そこで広げられたのが、鯖一本お頭尾っぽ付きの鯖寿司。
小浜から京都の鯖街道は有名ですが、参勤交代の時代、新見藩の武士が参勤交代の弁当として持参した鯖寿司の歴史を紐解いた右田さん渾身の作品がこちら。

FullSizeRender

FullSizeRender (1)

正直、素人の僕ですけれども、こんなに旨い鯖寿司を食べたのは始めてです。
まろやかさ、とろみ、じっくりともち米のように捏ねられた白米。

歴史に彩られた郷土の味。
素晴らしい一言でした。

こんな夜もあるんですね・・・

【今日の名言】人生は砂時計みたいなものでね、

人生はね、砂時計みたいなものでさ。

七十歳超えりゃ、そりゃ体力は落ちるよ。でもね、砂時計と同じでさ、上側の砂は減っても、下側にさ、経験値とか、人との出会いとか、こうしてカウンター越しに色んな人が来てくれてさ、俺の知らないことをいっぱい教えてくれるんだよ。これが、ちゃんと砂時計の下に溜まってさ、俺は、今の俺が五十歳の時の自分よりも格好良いし、最高だなと思うんだよ。

もう一度言うけど、俺はさ、今の自分が人生の中で一番最高の自分なんだよね。

(蕎麦屋の大将)

心に染みる名言。
2017年8月30日(水)梅田にて。

IMG_1906