セルフ追い込み

連休中は早起きが気持ちいいですよね。

6時かそれよりも前に起きて、家族が起きてくる前に最低限しなければならないことを済ませておくと、急にどこかに連れて行け、と言われても対応できますから。とはいうものの、この連休の我が家はそれぞれが予定があり特にどこかに行く予定も立てていません。小学生とはいえ高学年になってくると、塾やバレエなどの習い事、それに友達と遊びに行ったりどこかのオープンスクールに行ったりしますのでね、家族一緒に揃うのは夜くらいのもの。つまり、それまではパパ自由行動なんです。

そんな訳で皆は私学のオープンスクールに行き、午後からは友達のピアノ発表会があるとのことで、僕は朝から山にでも行こうと思っていたのですが・・・雨、しかも土砂降り! 家族を最寄り駅に届けている間に「ああ、山はあきらめよ・・・」と断念。

image
(気付いた方もいらっしゃるかもしれませんがBGMは、Exodus Honey – Honeycut です。Mac OSX Leopard のFirst Boot Music。懐かしいでしょー?)

午前は家の大掃除と仕事をすることにしました。
午後からは自前でグリップ交換したばかりのドライバーとUTの具合を試すべく、練習場へ試打に。IOMICのグリップにしたんだけどペロペロキャンディーみたいになった(笑) でもグリップを変えると安心感とフィット感があっていいですね。

IMG_5530

帰った後は10kmランへ。途中で夕立ちが降りましたがシャワーみたいで気持ち良かったです。

IMG_5534

IMG_5537

汗だくで帰宅した後シャワーを浴びて夕食の買い出しに・・・のつもりが、駅のベンチで一人酒盛りしてしまった。

IMG_5538

一人で過ごしている日曜日なのに、なんだかんだでアガってみればやっぱりバタバタ。どうも僕はそういう人種みたいです。すべきことが多過ぎるのかな。

こんなこともあるんだなあ

会社のゴルフコンペ。

昨夜は新幹線で帰って来て、0時に就寝。朝4時に起きて準備をし、滋賀県を目指します。東に向かって走るということは、朝日を浴びて走るということ。フロントガラスを染める朝日に目を細めながらの早朝ドライブは「週末が来た」という感じがして好きです。

前半は調子が良く43で回れたのですが、後半は大崩れの51。結果94という不甲斐ないスコアですが、後半の崩れっぷりは相当なもので、何もかも上手くいかないというパターンに陥ってしまいました。ミスショット、ミスパットを繰り返しては、うーん、こんなこともあるんだなあと首を捻りながらですが、「こんなこともあるんだなあ」くらい客観的に見れた方が、気持ちは楽ですね。まあ、これがゴルフというものです。

出張で留守がちなので、こういう機会に社員みんなとワイワイできるのは嬉しいものです。仲間、ファミリー。一緒にいると楽しいし、落ち着きますね。ゴルフは大人のピクニックです。

IMG_4227

IMG_4228

ポンコツの車を修理しながら大切に乗っているような

今日のラウンドは、実は前日の土曜日にオフィスで急遽決まったことでした。急いで段取りをして、少しだけ早めに就寝したものの、朝4時に目が覚めてしまい、そのままコーヒーを淹れて仕事。シャワーを浴びて6時半に家を出て、京阪カントリークラブを目指しました。

早朝の高速道路を一人でドライブするのは気持ち良いものです。
東に向かうということは、朝日に向かって走るということ。陽射しに目を細めながら、晴天であることに感謝をし、たまに眠気をコーヒーで払いのけつつ滋賀県まで。

朝の早起きが良くなかったのか、全く練習をしていないのが悪いのか(←多分これ)、スタートホールでダボ、トリプルを叩いてしまい、ああ今日はアカン日やなあと思いながらのラウンドでしたが、上がってしまえば46+44の90で及第点でした。

IMG_3964

本当はちゃんと練習すればスコアも良くなるのでしょうけれど、時間がないのと、腰痛が悪化するのとで、今はこれが精一杯。今日も1ラウンドするだけで、腰痛+膝痛+足首痛。もうホント、ボロボロ。ツギハギだらけのポンコツ車を修理しながら騙し騙し乗っているような、そんな感じです。

とはいえ、ゴルフはライフワーク。
天気とメンバーにも恵まれとても楽しいラウンドとなりました。

IMG_3961

マスクプレー

3月に入ってからというもの、とても忙しくてブログの更新もままなりません。おまけに花粉症が追い打ちを掛けてきて、喉は痛く、頭はボーッ、身体は慢性疲労気味。ついに今年初めてマスクを装着。今日のゴルフもマスクをしたままのプレーになりました。

さて、今日はのコースはメンバーの方にリザーブいただいた「花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース」です。4月8日ー10日までスタジオアリス女子オープンが開かれるということもあり、あちこちに大会を盛り上げるためのポスターが掲載されていました。OUTコースはサブグリーンを使用。コースメンテも始まっています。

花屋敷よかわコースは初めて周りましたが、距離もあってトリッキーで、さすがトーナメントコースという感じでしたが、組の感覚も広くてゆったりとプレーできました。こんなところでいつもゴルフしていたら上手くなるだろうな!!スコアの方は46・50の96という不甲斐ない内容。久しぶりに50叩きましたが、まあ、シーズンはまだまだこれからですので、気を取り直してがんばりたいと思いますです。はい。

IMG_3808

IMG_3805

明日は3月上旬の山場、篠山ABCマラソンです。
腰と膝の痛みに加え、花粉症でボロボロですが・・・死ぬ気で走ってやる!!!笑

それでは今日はこの辺で。

昔とくらべて今は

雨の土曜日。もちろん走ることはできないので、しとしと降る雨を眺めながら大人しく自宅で仕事と書き物を。

外に出るといっても子供の送り迎えくらいで、本当に一日篭りっぱなし。おかげで色々とコトが進みました。寒い雨の日は図書館に行くのも、カフェに行くのも億劫になってしまいます。考えてみると、今のようにスタバやタリーズなどのカフェがなかった時代、外で勉強をする時に向かうのは、大学や市内の図書館でした。今はすっかり時代も変わってしまい、外勉の選択肢としては、カフェ以外にも、コワーキングスペースやレンタルスペース、そして書店(!)など、よりどりみどりですよね。ちなみに最寄りの駅前に新しく出来た書店は、カフェスペースも併設されていて、とても居心地が良いそうです。今度一度行ってみようかな。

とはいえ、丸一日身体を動かさないでいると、それはそれで気持ちの悪いもの。夕方、気分転換にTVをつけるとBSでゴルフ番組をやっていたので、そうだ、夜は打ちっぱなしに行こうと思い、すかさず仲間のSちゃんにLINE。「行く?」「行くー!」の極めてシンプルなやり取りで、21時からスタートし、閉場する23時前までおしゃべりしながらのオッサン二人練習となりました。

IMG_3751

雨も上がり、気持ちの良い夜です。明日は良い天気になりますよね、きっと。

【フォトギャラリー & ガイド】名門ペブルビーチゴルフリンクスの歴史と風格

格式高い名門コースはいつの時代もゴルファーを魅了し、憧れの的となってきました。

マスターズが開催されるオーガスタナショナル、全英オープンで有名なセントアンドリュースオールドコース、そして、このペブルビーチゴルフリンクス。二年に一度アメリカ・ゴルフマガジン社から発表される2013年のランキングでは、オーガスタは3位、オールドコースは4位、そしてペブルビーチは7位にランクインしています。

そんな名門中の名門、ペブルビーチゴルフリンクスに、先週の土曜日、観光に行って来ました。サンノゼから車で1時間半、サンフランシスコからは2時間程度で行くことができます。ペブルビーチゴルフリンクスの開場は1919年、今まで5回の全米オープンが開催され、毎年2月にはAT&Tナショナルプロアマ(公式サイト)の舞台になってきました。

IMG_3570

IMG_3567

この辺り一帯はデルモンテ・フォレストと呼ばれる風光明媚な海岸線の地域で、ペブルビーチ以外にもゴルフコースが点在しています。ちなみに、オーガスタナショナルと違い、ペブルビーチゴルフリンクスでプレーすることは決して夢ではありません。一年先まで予約が一杯という話もありますが、コースに隣接するホテルに宿泊すればラウンドは可能です。ちなみに、プレーフィーは約500ドル、日本円で6万円。宿泊を考えれば10万円以上の出費を覚悟しなければなりませんし、1ラウンドの料金で考えればとても高く感じますが、この名門コースで一生に一度はプレー出来ると考えれば、判断としてはアリかもしれませんね。

さて、ペブルビーチゴルフリンクスへは、「17 miles drive」という有料道路(ゲーテッド・コミュニティ、10ドル)を通らなければなりませんが、このドライブが本当に風光明媚、そして、点在する別荘がとても豪華で雰囲気があるんです。まさにセレブリティ・コミュニティという上品な雰囲気が漂っています。サンノゼからは車で一時間半もあれば到着するくらい便利な場所ですし、時間があれば、JAZZフェスティバルで有名なモントレーや、美しいカーメルの町を訪れても良いかもしれません。とにかく、素晴らしい場所です。

さて、ここからは写真30枚でギャラリー風にレポートをしていきましょう。

コースの周りには別荘が点在しています。
映画に出て来そうな雰囲気です。
IMG_3524

2月8日から開催されるAT&T NATIONALに向けて、メディアセンターやギャラリースタンドなどが設営されていました。みんな慌ただしそうに準備中。
IMG_3528

IMG_3523

ビジターは専用駐車場に駐車します。観光客は誰でも自由に観光することができ、いかにもカリフォルニアらしい自由で明るい雰囲気が漂っています。
IMG_3530

IMG_3532

ここがスタートの一番ホールティーグラウンド。隣接する建物が宿泊施設ですね。
IMG_3579

IMG_3580

有名なROLEXの時計。この時計でスタート時間をチェックします。
IMG_3536

そして幸運にもプレーすることを許されたゴルファー達。
IMG_3535

スタートホールにはモニュメントが。
IMG_3576

歴代優勝者の名前が刻まれています。
IMG_3573

小便小僧ならぬスイング小僧。
IMG_3578

ここはスタート前の練習グリーンです。練習グリーンの周りをギフトショップがズラリと取り囲んでいます。このグリーンは、パットとボールさえ持参すれば誰でもパッティング練習をすることが可能で、実際にそうしている人たちもいました。
IMG_3534

IMG_3538

ギフトショップもお洒落で、スタッフの方々もとてもフレンドリーで親切です。本当に居心地がいいのです。
IMG_3537

IMG_3544

ショップの中には不動産屋もあります。17 Miles Driveの中に家を購入したい人はどうぞ。
写真右上の邸宅は、2200万ドル。えっとですね、日本円にして26億円。ちなみに一番安いものでも3億以上はしていました。既にソールドアウトになっている10数億円の物件もあり。こういう世界があるんですね。
IMG_3542

IMG_3543

ここが、THE LODGE (クラブハウス)の玄関。風格があります。
IMG_3540

駐車してあるベントレーがセレブな雰囲気に色を添えています。
IMG_3571

中も素敵。
IMG_3570

屋外には18番ホールに面したオープンテラスもあり、ビジターでも自由にランチを楽しむことができます。
IMG_3567

IMG_3566

IMG_3561

偶然、韓国のパートナー企業のご一行に遭遇!ランチをご一緒させていただきました。このロケーションで飲むSierra・Nevadaの旨いこと!
IMG_3563

こちらは大きなサイプレス(イトスギ)の木がシンボルとなっている最終18番ホールです。ペブルビーチは18ホール中9ホールが海に面したリンクスとなっていますが、この18番も例外ではありません。この日は波が荒く、プロゴルファー猿のOPに出て来そうな光景が広がっていました。

IMG_3549

IMG_3546

ギャラリースタンド設置中。
IMG_3558

ホールの奥にも宿泊施設が隣接しています。
IMG_3568

朝起きてカーテンを開けると目の前にコース。夢のような環境ですね。
IMG_3556

いかがでしたでしょうか。
ゴルファーの憧れの地、ペブルビーチの雰囲気を少しでも味わっていただければ嬉しいです。僕もいつかラウンドを実現すべく、決意を新たにしました。

IMG_3583

打ち初め

今年の打ち初めは、例年よりも早い1月2日に。
父と弟の三人だけで回るのは初めてでしたが、親子水入らずでとても楽しくラウンドできました。

スコアの方は45、46の91。
冬場の打ち初めとしてはまずまずとしておきます。いつもは楽しむことがだけを優先してラウンドしていますが、今年は「エンジョイ」だけでなく、スコアの方もこだわっても良いかもしれません。

IMG_2981

IMG_2963

瓶ビールを飲んで、温泉代わりに空いている浴場でおしゃべりしながらリラックス。
年始はあっという間に過ぎていきますね。

そろそろ仕事モードに切り替えていかねば!

IMG_2975

打ち納め


年末は納め、年始は初める。

暦の上ではただ日付が変わるだけなのに、大晦日と元日では大きな違いがあります。締めくくって、また初める。切り替えという意味でもとても重要な事ですね。

そういう意味では、今日は「打ち納め」(また三日後には打ち初めなのですが)。今年も月に約一回ペースでラウンドしましたが、今日は打ち納めにふさわしい晴天、気の合う仲間と共にラウンドするのは最高でした。

IMG_2946

いよいよ明日は大晦日。

年を追う毎にグローバル化が進み、IT化しているといいつつ仕事の量は増える一方ですので、仕事だけは納めも初めも関係なく続きそうですが(ありがたい)、もし、少しでもゆっくり出来る時があれば、ここぞとばかりに骨休めをしたいと思います。

雨の日の過ごし方〜その2 グリップ交換(入れ歯ではありません)


ゴルフクラブのグリップはゴムで出来ていますから、当然劣化してきます。経年劣化によるひび割れや乾燥、擦り切れにより滑りやすくなり、強く握ろうとして余計なところに力が入ってスコアにも影響が出て来ます。

普通はゴルフショップに行くのですが、僕は今は亡き祖父からグリップ交換の方法を仕込まれたので、わざわざ工賃を払ってショップに依頼するのはもったいない気がするし、グリップだけ通販で買って自分で作業した方が早いし、愛着も出るし、と思ってしまいます。なんだろう、スキー板はアイロンでワックスしなきゃ本物じゃない、という感覚と同じですね。グリップは自分で替えるもの。そんな思いがあります。

さて、今日は雨。
図書館に行った後の気分転換として、ササッと交換を。

まず、カッターでグリップを切ります。

IMG_2451

そして力一杯開いていきます。結構力がいる作業ですし、カッターも使うので、軍手をした方が良いと思います。素手はオススメしません。内側の白いのは、両面テープです。

IMG_2452

IMG_2454

ムキ作業完了。
当然ですが、グリップがないとただの鉄棒です。古いグリップの残骸と、新しいグリップが対照的です。

IMG_2456

今はいろんなグリップが出ていますが、 GOLF PRIDE のTOUR Velvet 、定番中の定番ですが、やっぱりしっくり来ます。買うなら10本まとめ買いがお得ですよ。GDOや楽天でも売っています。今回はGDOで購入しました。

IMG_2457

さて、つるつるになったアイアンに両面テープを装着します。

IMG_2459

そして、溶液をスプレー。これで両面テープが溶けてグリップが入りやすくなります。ポイントは溶液をたっぷり掛けることと、グリップの内側にも溶液をスプレーしておくこと。より、スムーズに押し込むことが出来ますよ。専用の溶液じゃなくても、灯油やシンナーでもOKです。

IMG_2460

あとは力いっぱい押しこむだけ!これで完成です。

IMG_2461

両面テープの長さを間違えてしまうと、グリップの下からはみ出てしまってカッコ悪いので、テープの長さは少し短めにしておきましょう。はみ出たところはカッターや溶液で擦り取ります。

IMG_2462

今回の交換対象は、全部で7本。5番〜P、そして VokeyのWedge 60°です。これですっきり!

IMG_2464 (1)

次の出番は来週の日曜日、取引先との大一番です。
負けられない戦いがここにはある。

新しいグリップで夢を勝ちとろう!

「プロゴルファー猿 OP 夢を勝ちとろう」

a