シンプルなものがいい。例えば、鳥に塩とか、キュウリに味の素とか、ル・コルビュジエのサヴォア邸とか

秋吉の純けいと、キュウリに味の素。

シンプルなものが、いいですね。

「シンプル=簡単」 とか 「シンプル=手間が掛からない」と勘違いしがちですが、決してそういう意味ではありません。真逆です。余分なものを削ぎ落とし、飾り立てもせず、本質だけで勝負する。力がないとできない。本物だけに許された勝負の仕方。

それが、シンプルの定義です。
だから、どんな手の込んだものよりも美味い。

建築でいうと、桂離宮とか、ル・コルビュジエのサヴォア邸とか。

シンプルこその緻密さ。果たして、焼鳥やキュウリがそこまで緻密に計算されているのか分かりませんが、少なくとも、美味しいと感じるのであればそれで良し。あ、最後は主観で終わってしまいましたね。

最近、同じマンション内で引っ越したのですが、ミニマリストな僕は、部屋もいらん、何もいらん、自分の荷物はクローゼットに収まる分だけでよろしいと宣言し、部屋を一つ、盛大につぶしてリビングを拡張し、広大なリビングで折りたたみベットを広げて寝るというライフハックを実験的に行っています。

それが、気楽で身軽でいいんですよ。

そもそも「旅ランナー」を自称しているくらいですから、スーツケース一つあればどこでも生きている人です。身軽さ、ミニマルさ。最高ですよね。

こちらは豚足。煮込むとか、そういう手間を一切省き、ただ焼いて塩を振っただけのもの。

今週は、図らずも毎晩会食。
こんなことをしていると、あっという間に金曜日。

さあ、ラストスパート。

やっぱりSamuel Adams(サミュエル・アダムス)

僕にとってアメリカのビールといえば、やっぱりSamuel Adams(サミュエル・アダムス)です。

ボストンラガーなので東海岸のビールであるにもかかわらず、カリフォルニアでさえ、ついついこれを飲んでしまいます。ちなみに、クラフトビール大国のアメリカではご当地ビールが各地にあります。各都道府県に地酒がある日本酒と良く似ていますね。

昨夜、ルクアの地下で見つけて、ついつい飲んでしまいました。やっぱり美味しい!

ガソリン注入したので、今日もフルスロットルでがんばります。

深く物事を考えたい時は山に入って一人で走る。誰かと話したい時も、山に入って一人で走る。

昨夜の荒天は、低気圧の影響を受けやすい自分にとって、少々「まいった」というレベルのものでした。もう何をしていても頭は痛いし、身体はだるいし、そのだるさと辛さによって、あらゆることに対するモチベーションが低下して、グッタリしていました。

しかし、天気というのは万人に平等というのか、今朝は雨も上がって身体の具合も良くなりました。

もし天気が良ければ、最近起きた出来事について一人で走りながら色々と深く考えたいなと思っていたので、芦屋川から六甲山に入山。

ええ、結局、やっていることは毎週同じなのです。

ハイカーさんが多い登山道は別にして、マイナーな山道では、自分の吐息と鳥のさえずりと、風の音しか聞こえません。

脚を一歩づつ出して山道を登っていくという単純な作業を繰り返しながら、静寂の中をひとりで黙々と走っている時間は、何かを考える時間としてはうってつけです。

途中でイノシシが日向ぼっこをしていました。最初は死んでいるのかと思いましたが、まぶたが動いているので、恐らく大丈夫でしょう。後ろから来るハイカーさんたちと、前方からのハイカーさんたちに注意を呼びかけてその場を去りました。

今日もやはり六甲の中央稜線はたくさんのハイカーさんやランナーさんがいて、いろんな方と挨拶をしたり、話をしたり。あるトレランナーさんは、普段は金剛山や生駒ダイトレを走っているけれど、今日は天気が悪そうだったので、六甲に来たとおっしゃっていました。

一人で物事を考えたい時も、山。
誰かと話をしたい時も、山。

そうこうする内に、六甲ガーデンテラスで、「うめラン」主宰のラン友さんで、六甲山観光(株)取締役の西田さんにバッタリお会いしました!連絡しようと思っていたのですが、お忙しいかな〜と遠慮していたのです。嬉しかった!

後ほど、Tenran Cafeで合流することをお約束し、僕はゴールを急ぎます。

日本最古のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」を抜け、今日のゴール、六甲ケーブル山上駅の「Tenran Cafe」へ!

ランチはもちろん、定番の「やまみつカレー」です。そして、15kmラン後のクラフトビールはどうしてこんなに美味しいのでしょう。山からの景色を眺めながらのカレーとビール。至福。

こちらが「496 IPL」IPAテイストのクラフトビールです。
こちらは、アフターダーク。ブラックラガーです。

後から合流してくださった西田さんと、あれこれお話をし、最後は記念撮影!お世話になりました!

ここから、ケーブルカーで下山。このケーブルカーは本当に気持ち良い!

さらにバスを乗り継いで六甲道駅に到着。
電車に乗ろうとすると、「HIME SALON」オーナーのわぁちゃんとバッタリ!

そのまま一緒に電車に乗り、久しぶりの再会と、近況報告を楽しみました。

前半は、一人トレランで考え事。
後半は、人との出会い。

一石二鳥の山行となりました。

鯖街道の思い出に浸りつつ、次のウルトラマラソンに向けて鯖のパワーをいただく(トロサバ専門店 SABAR)

手前のピンク色のが、「お嬢サバ」。絶品。

鯖街道ウルトラを走った仲間たちと一緒に、鯖街道打ち上げ!

打ち上げ場所は、Sさんのご提案で、「トロサバ専門店 SABAR」にて。
ああ、いつ来ても美味しいなあ!

お疲れサバでした!

数々のサバ料理も美味しいのはもちろん、このお店は、鯖街道にちなんだ地名や表記が店内を飾っているのが、サバランナーにはたまりません。

京は遠ても十八里。

仲間たちとの会話に、美味しい料理。

次のウルトラはどうする、来年の鯖はどうする、など、ランナートークに花が咲き、ついつい飲みすぎてしまいました。ランナー同士の飲み会は、会話の内容がポジティブでしかありません。

見えないところで黙々と練習を積み、忙しい日々の中、少ない時間を削って走り、修行僧のように走ることだけを考えて、レースでは自分と戦いながら、地元の方とふれあい、エイドを楽しみ、仲間と健闘を称え合う。それが、ランナーという生き物なのです。

シメももちろん鯖ですよ。
阪急梅田駅の鯖6製麺所。鯖の香りたっぷりのラーメンです!

これでしっかり精をつけることができました。
次のレースは、秋の富士五湖100km(今日申し込んじゃったw)です。

さあ、これで梅雨も夏場もサボれなくなってしまいました!
がんばるぞー!

皇居ランできなかった代わりに、よく歩いた!

今朝は早起きした割にはなんだか身体がだるくて(寝る前のダメ押しハイボールが効いたか・・・)、せっかく準備していた皇居ランはパス。

その代わり、都内、横浜、川崎をよく歩いた!

訪問先はメーカーさんばかりなので、駅から遠いは敷地は広いわで、まあ、いい運動になります。これだけ歩いたのだから、今日の運動はOKということにしておきましょう。

一日の行程を終えて、羽田へ。

第二ターミナル二階奥のラウンジは最近までリニューアル工事をしていましたが、装い新たにPOWER LOUNGE(パワーラウンジ)として再開していました。スタバのようなカフェテイストな雰囲気になりましたよ。

ファミレスのドリンクバーのようなマシンではなく、ホテルのようなガラス瓶のサーバが設置されています。黒酢ジュースなどもあって、なかなかいいですね。

それでは、今から伊丹に飛びます。
みなさまもお疲れ様でした。

ごく普通のものでも美味しい。なんでも美味しい。

なぜだかとても美味しかった、コンベンションセンター近くの、普通の中華料理屋の普通の定食

一週間の国際学会も終わり、後ろ髪をひかれる思いで帰ってきました。
今日の新千歳は、出張帰りのビジネスマンと観光客でいっぱい。

札幌ではいろんなものをいただきましたが、いわゆる「グルメ」とか「名店」とかではなく、普通のものが普通に美味しかったです。

例えば、普通の焼鳥。焼鳥は一部の人を除いて万人が好きな便利な料理です。海外に行っても、海外から来客が来ても、とりあえず焼鳥屋に行けば大丈夫。なんとかなる。

今回も、焼鳥屋さんは何度かお世話になりました。たまたまなのかもしれないけど、行く先々のお店にはアボカドを使ったスターターが用意されていて(例えば、アボカドわさびとか、アボカドのスライス刻み海苔とか)、これはみんな喜んでいましたね。

特にインターナショナルにビジネスをやっている人って、生の魚介以外は、けっこうなんでも食べれますよね。てか、食べれないとやっていけませんから。自分も含めて、その辺りの強さはあります。

しかし、その中でも最強なのは、ホテルの朝食バイキング。

やはりいろんな国からいろんな人種の人がやってくる訳ですから、万人が食べれるものが備えられています。さすが、ホテル!

それにしても、出張に出ると必ず太って帰って来てしまいます。明日からまた粗食に運動生活。

さあ、絞るぞ。

【半パン短男の六甲「人情」山行紀】岩壁を登ってきた子どもたちとの出会いと、トレランナーさんとの交流

左足スネの骨膜炎はまだ癒えないけれど、鯖街道から二週間、何もできないというのは、僕にとって地獄でしかありません。

そこで今日は、朝のうちにリハビリランを兼ねて六甲山へ。午後の予定までに戻って来るべく、急ぎました。

芦屋川は既に人でいっぱい。ロックガーデンは安定の大渋滞。梅雨入り前の最後の週末を狙って登るとは、みなさん、良く天気予報を見ていますよね。

ロックガーデン上部の隠れ家(岩壁の上)で、いつものように自撮りにいそしんでいると、下の方から、小さい女の子の声が。「あの、青い人のところまで登る〜」と聞こえてくるではありませんか。

滅多にここまで上がってくる人はいないのになぜ、と思っていると、自撮り用の三脚との間を行き来している間に、どうやら岩壁の下にいる子供からその姿(青いウエア)がチラチラと見えたそうなのです。

いやあ、子供がたくさん寄ってくる性質も、ここまで来るとすごいな。まさに子供ホイホイ。これは多分、僕が子供だからなんでしょう。大人の身体をした子供。そりゃ、子供からしたら興味の的でしかないわ。

自撮りの結果。短パン短っ!

小学校低学年の女の子と、えーこんなところ登るの?登れるの?というお母さんがよいしょと上がってきました。その後ろから、妹とお父さんも。

よく登ってきたね、ここが分かったの?

うん、下からおじさんが見えていたから、登りたくなったの

そうかそうか、よくがんばったね。ここね、隠れ家なんだ。いい景色でしょう

妹の方は、さっき毛虫がTシャツの上に落ちてきたらしく、そのことばかり気にしています。

ねえ、毛虫って毒ある?刺されたら死ぬ?

いや、大丈夫だよ。そりゃ、キツイ奴もいるけど、今痛くないのなら、ちょっとかゆいくらいで大丈夫だよ。おうちに帰って、薬塗ってもらってね

その後、家族4人の写真を撮ってあげて、岩壁の下まで、子供二人を降ろしてから、別れを告げました。うちの娘たちも小さい頃は本当によく山に連れて行ったものです。今はふたりともテスト勉強している中学生になってしまいましたが。懐かしいなあ。

そして、僕は山頂を目指します。

途中で、木の股で眠る猫を見つけましたよ。
ハイカーさんも興味津津。こんなに見られているのに、全然起きない!

そうこうすると、一人のトレランナーさんと出会いました。

今日はどちらまで行かれるんですか?

山頂経由、有馬三山を巡って、また芦屋まで戻って来ようと思っているです。

(この人はガチトレランナーだな)

しばらく一緒に登りましたが、良いペース。その方、途中で補給のために小休止、僕が先に行きましたが、また山頂付近で再会しました。山頂までの道、しっかり走って登って来られましたよ。

トレランナーは、脚を見れば分かります

さて、山頂到着。近くにいたハイカーさんに写真を撮ってもらいました。

短パン短っ1

今日は薄曇り。涼しくてちょうど良い気候でした。

今日もたくさんのハイカーさんと話をしました。

なあに、一人で登っていても、寂しくない。特に六甲山の中央稜線は。

面白かったのは、ハイカーさんたちの会話が、僕の趣味と全く同じなのです。ある年配女性二人組の話は、僕も大好きな番組「おとな旅 あるき旅」について。

また別のグループの会話は、「ブラタモリ」について。ブラタモリの番組の再現をしている男の子、面白かったなあ。タモさんのマネではなく、取材先の土地で地層の解説をしている専門家の方のマネ。最高でした。

さあ、山でしっかり元気をもらったので、明日からの出張がんばれそうです!


【色々メンテナンス】身体、服、自宅、庭、そして睡眠確保

今日は朝からメンテナンスデー。

来週の月曜日から一週間、EMC学会で札幌に出張しなければなりません。今日は長期出張前の貴重な週末です。ここでしっかりと準備をしておかなければなりません。

朝からカットに行き、病院で薬をもらって身体のメンテンナンス。そして、合間に睡眠確保。

自宅では、気になっていたベランダのウッドパネルの敷き直しを行い(改修工事で外壁の塗り直しを行っていたのです)、服のアイロン掛け。

午後からは、実家の庭掃除。最近、草刈りばかりしている気がしますが、季節の仕事ですから仕方ありませんね。

山の中の広い家で育ったということもあり、庭木の手入れを行ったり、自然の中に身を置くということは、自分の生活の一部。

普段の仕事がオフィス業務でテクニカルなことをしているので、平日と週末のこのギャップが、自分のバランスを整えるのに一役買っているのは事実です。

最後は水撒き


【レジェンドウルトラランナーの金言】毎年地元の人に会いに行くために、100kmを走る健康な身体をつくる

昨夜は、KNSのマラソン井戸端会議(分科会)。

ウメラン、メビランを中心に、たくさんのランナーが集まりました。やっぱり、苦しさも楽しさも共有しているからこそ、ランナー同士の会話は常に前向きで楽しい!

隣で話をしていた、ウルトラマラソンランナーSさん。

恵比寿大黒18回、村岡ダブルフル10回、鯖街道10回、富士五湖、萩往還など、様々なウルトラを走り続けているレジェンドです。

そのSさん曰く、ウルトラは楽しいことばかり。

やはりハーフ、フルマラソンでしっかりタイムを刻み、挑戦して苦しんでから、ウルトラの世界に入った方がいい、そうアドバイスを受けました。そうか、やっぱり、しっかりとフルマラソンでタイムを削って行くという心構えが必要なのか。最近フルはもういいかな、と思っていた自分がいたので、良いアドバイスとなりました。

地方のウルトラに何度も出場するモチベーションは、やはり地元の人とのふれあい、笑顔に会いに行く、ということらしいです。そのために、68歳の現在でも身体を鍛えて100kmを走る健康を維持しているとのこと。

その場所に行けば、必ず会える。
里帰りに近い感覚なのかもしれません。

さあ、自分もがんばろう。