【出張お役立ち】Mac Book Pro の純正充電器が重たい!そこで、Anker PowerPort Speed 1 PD30 を使ってみた

2017/09/11

毎月一度は国内出張、三ヶ月に一度は海外出張。

出張族の僕の悩みは、とにかく、デジタルデバイスのガジェットが多いことです。これ、皆さん共通の悩みではないでしょうか。もちろん、旅行好きの方も、荷物を減らすことは大きなテーマとなります。

例えば自分の場合、メイン機の MacBook Pro と サブ機の MacBook Air の二台を持参する場合(そもそも二台も必要なのかというのはさておき)、それぞれの純正ACアダプタだけでかなりの重量になります。更に、WiFi、iphone、予備バッテリー、モニター接続のためのHDMI変換アダプタ、各種ケーブル・・・なかなか大変。そこで、下記を検索。

MacBook用 USB-C対応 小型軽量アダプター

今回、メイン機をMacBook Proに変えてから初のシリコンバレー出張を控え、社内ユースのApple純正 61W USB-C 電源アダプターに代わるものはないかと探していました。アダプターを忘れて大慌てしないよう常にカバンに常備して持ち運べるものを探していたということもあります。ちなみに、純正アダプタは本体だけで7,400円(税別)、USB-Cケーブル(2m)で2,200円(税別)もしますからね。これだけで1万円を払うのも馬鹿らしい。それに何より大きいし、重たい!

USB-Cケーブルの良いところは、汎用性が高いことですが、MacBookの充電となるとそれなりのパワーが必要です。そこで色々と調べていると、こちらの「Anker PowerPort Speed 1 PD30 (Power Delivery対応 30W USB-C急速充電器)」に出会いました。

色もスタイリッシュだし、これは良さそう!

まずは箱から取り出してチェック

まずは箱を開けてみます。さすが、Anker、箱のデザインもいいですね。
今回は別売りの「 Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (0.9m グレー) PD対応 Xperia, Galaxy、MacBook、MateBook 他対応 」も購入しました。

FullSizeRender

ケーブルはケース入り。ちゃんと折りたたむときれいに収まります。

FullSizeRender_1

単三電池と大きさ比較。なぜ単三電池かというと、たまたまデスクにあったので。

FullSizeRender_2

Apple純正 61W 電源アダプターと比較してみましょう。

FullSizeRender_4

省スペースはもちろん、重さも軽い!
詳細はスペックは、Anker PowerPort Speed 1 PD30 (Power Delivery対応 30W USB-C急速充電器)でご確認ください。

肝心の充電は?

肝心のMacBook Proの充電ですが、こちらも問題なく行うことができます。延長コードがきたなくてすいません。笑
FullSizeRender_3

充電中は青くLEDが光ります。なんだか近未来的ですね。
IMG_4469

apple純正は61w、こちらは30w。
何が違うかというと、充電の速度が2倍違います。でも、小型で軽量、お値段も安いということを考えると、全く問題ないレベルです。

まとめ

結論から言うと、買って正解でした。
デザイン、スペック、値段。すべてにおいてオススメできます。出張や旅行が多い人は、カバンの中に常備していたって気にならないくらいレベルですし、ケーブルについては、ケースもついてお洒落そのもの。

是非、オススメです。