【アップル新本社 Apple Park】ARでツアーができるビジターセンターも、自然に溶け込む新本社ビルも、いかにも「Apple」だった

IMG_6904

現地の協力企業の方とクパチーノで夕食を食べている時に、「なあトム、もし昼間に時間があれば、この裏のApple Parkに是非行ってみるといいよ」と薦められので、せっかくだからと行って来ました。

今までApple Parkの工事現場は何度も見ていましたし、前回シリコンバレー入りした4ヶ月前はまだ一般公開されていませんでしたが、今回行ってみると、ストア併設のビジターセンターがしっかり整備され、新社屋もドーンと完成していて驚きました。

(ビジターセンター)
IMG_6873

そして、それらの建造物がまるで森の中に埋もれているかのように、木々よりも低く自然に溶け込んでいる姿は、いかにもエコで、コンセプチュアルで、何よりも「ザ・アップル」。余分なものは一切なく、驚くほどシンプルなのです。

しかし、そのシンプルさの中に、素晴らしく工夫された空間デザインと、世界最大級のソーラー発電システムと再生可能エネルギーで「動き」、12,000人が働く宇宙船のような新社屋の近未来的な機能性が見えるのです。

たまたま夕方近くに通りがかったのが良かったのか、夕暮れに映える建物の美しいこと。思わずたくさん写真を撮ってしまったので、ご紹介したいと思います。

こちらはビジターセンターの正面。柱が使われていないデザインはとても近未来的です。僕の大好きな映画「ガタカ」に出てきそうな建物。
IMG_6870

エントランスには巨大な模型があり、スタッフがiPadを配ってくれています。そう、これはApple ParkをツアーできるARなのです。模型にかざすと、こんな風に見えます。
IMG_6874

画面を触って屋根を持ち上げると、なんと建物の中まで見えてしまいます。
IMG_6875

IMG_6879

IMG_6881

この階段を上がると、二階のテラスへ。
IMG_6891

テラスからは新本社が目の前に。ここがとても気持ちの良い場所でした。
IMG_6885

IMG_6887

意外と低い建物でしょう。
IMG_6884

地下一階はトイレとスタッフルームになっています。ここもきれいでシンプル。
IMG_6893

IMG_6894

地下から一階へ上がる階段。外の景色が美しいですね。
IMG_6895

こちらはアップルストア。巨大なスクリーンが印象的です。
IMG_6890

Apple Park のストアでしか売っていないグッズ関係。
IMG_6889

IMG_6888

行った時間が夕方だったので、だんだんと日が暮れて良い感じになってきました。本社側からビジターセンターを眺めます。自転車を乗っている人も多いのですが、いかにも気持ちよさそうです。
IMG_6899

IMG_6900

暗くなってくると社屋の明かりがより一層映えますね。
IMG_6904

この新本社のおかげで更に人口が増え、物価がうなぎのぼりのクパチーノですが、世界最高の企業の本社屋は「さすが」としかいいようがないほど、素晴らしい建物でした。
 
 
 

土曜日はHaywardでトレラン

IMG_6964

土曜日の朝、目が覚めて外に出た時に目に入るピカピカの陽射しと青い空の色を見た時の嬉しさといったらありません。

真冬とは思えないくらいの陽射しと気温、そしてドピーカンの晴天に恵まれた今日は、HaywardのFさん邸をスタートとするトレラン&BBQの一日となりました。

スタート前に皆で集合写真。
IMG_6928

ベイエリアを見下ろす丘の上から、遠くサンフランシスコの街まで見渡せます。ランパートナーのNKさんと一緒にランニングを楽しみました。本当に、文句のつけようのない天気です。
IMG_6974

IMG_6976

IMG_6953

IMG_7004

IMG_6991

IMG_6961

IMG_6960

ゴールすると汗ビッショリ。いただいたビールが乾いた喉に染み渡り、最高に美味しいんです!
IMG_7041

BBQでおもてなししていただきました!気の置けない仲間たちとの時間は最高です。
IMG_7012

IMG_7031

IMG_7021

IMG_7020

IMG_7023

そして、またまたお祝いしていただきました!毎日どなたかにお祝いしていただくなんて、一体どうすれば良いのでしょう!
IMG_7016

最高のロケーション、最高の天気。週末の土曜日、今日は朝から夜まで最高の一日になりました。みなさん、ありがとうございました!!
 
 
 

【皆様ありがとうございます】アメリカで過ごす42回目の誕生日

皆様、本当にたくさんのお祝いメッセージありがとうございました!心から感謝いたします。42回目の誕生日は、ここ数年がそうだったようにアメリカで過ごしています。時差が17時間ありますのでお祝いのメッセージも日本時間とアメリカ時間にいただき、誕生日が二回来ているみたいで得した気持ちになります。

しかしとにかくありがたいのは、いくつになっても、どこの国にいても、お祝いしてくれる人達がいるということです。これね、日本を離れている立場としては泣けるんですよ、本当に。ミーティング先の皆様に会う度にお祝いしていただき、ランチもディナーもサプライズお祝いをしていただきました。
IMG_6910

ランチの皆様、ご馳走さまでした!
IMG_6865

夜の皆様!ありがとうございました!
IMG_6913
 
IMG_6917

こうしてお祝いしていただけるのは、とても嬉しいことで、感謝しかありません・・・。42歳にもなって恥ずかしいのですが、まだまだ受けるばかりでお返しができていないことが情けないんです。

皆様のお気持ちを感謝に変えて、これから少しでも自分の身近にいる人達に、そして、社会のために、もし自分ができることがあればお返ししたいと思います。心から。

今年一年、益々がんばりたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
 
 
 

エレクトロニクス・デザイン 最新の情報が集まる場所

IMG_6755

DesignCon2018 が開幕しました。

電気自動車、車載、スマートデバイス、エアロスペース・・・今の時代を彩る機器のコアを担うチップ、半導体、基板。それらの最新情報と最先端のテクノロジー企業が集まる展示会です。初日も大盛況のまま終わりましたが、我々のような日本企業もがんばってます。エレクトロニクスの分野ではまだまだ日本のプレゼンスが光ります。

IMG_6745

IMG_6747

夜はSIシミューレーションの現地パートナーに、アップル新社屋オープンに伴って盛り上がっているクパチーノのニューダウンタウンに連れて行っていただきました。シリコンバレーで最もシャレオツな地域になっていて、人気のお店がズラリと並んでいます。

IMG_6750

IMG_6752

今人気の台湾スイーツの店らしいです。黒蜜のスープのようなものに白玉団子が乗っかったスイーツ。みるみる列が伸びていきました。確かに、珍しい味!
IMG_6756

日本人としては、やはり「出汁」の味が欲しくなります。最後の締めはうどんとタコブツで。
IMG_6757
 
 
 

シリコンバレー、半導体、IPA、パスタ

IMG_6730

出張初日の一日はとにかく長い。

最近、なぜか飛行機で寝れないのが常態化しており、ほぼ一睡もしないまま朝10時にサンフランシスコ到着。そこから、移動してチェックインして展示会場に行き、設営準備。明日から二日間、シリコンバレー半導体業界の一大イベント、DesignCon2018が開催されます。

そしてそのままレセプションへ。
IMG_6722

今の時点でほぼ24時間くらいは寝ていません。ただ、初日に(多少キツいとはいえ)寝ないというのは一気に時差ボケを解消させるとても良い方法なのです。寝ないから、我慢できずに夜きっちり就寝できちゃうので身体がこちらの時間にアジャストされるんですね。

それでも、レセプション終わりにパスタを食べ、ウォルマートに買い出し。ずらりと並ぶIPA、地ビールの棚に、日本でもこんなスーパーがあったらいいのにと思います。
IMG_6732
さあ、明日から気合入れてがんばりますよ!
 
 
 

小麦の向こう側

IMG_6704

小麦の向こう側。

冷えた生ビールをフライト前に飲むのは、今からの出張に備えた儀式のようなものです。午前は客先で打ち合わせ、ダッシュでランチをして、シンガポールと東京、大阪の三拠点をSkypeで結んで一時間のWEBカンファレンス。

相変わらずバタバタしたまま、空港にたどり着きました。まだ日が明るい時間ですが、少しクールダウンのために飲むのが、空港でのビールです。

今からサンフランシスコに飛び、今週いっぱいシリコンバレーに滞在します。
次回の更新はサンタクララからお届けいたします。
 
 
 

少しづつ、順番に、今年一年を振り返る時期になってきた

flight

少しづつ、順番に、今年一年を振り返る時期になってきました。

何を振り返るのか。

仕事のこと、マラソンのこと、積み重ねた学びのこと、個人のスキルアップのこと、育んだ人間関係のこと・・・様々ありますが、中には、アプリが教えてくれるものもあります。

毎年この時期になると、フライト管理アプリ「App in the Air」が今年一年のフライト距離を自動で集計して通知してくれます。

今年は昨年(100,205km、140時間)に比べて海外出張が少なく、飛行時間・距離共に減り(72,247km、108時間)、それが喜ばしいことなのか残念なことなのかはさておき、地球二周分には届きませんでしたが、108時間も飛行機に乗っていたと考えると、それなりに移動したなあと実感します。

サンフランシスコに向かうUA機の中で。(9月)
IMG_4477

インターネットの世界であろうが、リモートが発達しようが、人は移動します。移動する生き物です。空気や、風や、土の匂いや、生身のコミュニケーションが必要です。

来年は、今年以上に飛躍しなければなりません。
スケジュールもたくさん埋まっています。「移動の多さ=成功」ではありませんが、少なくとも、来年の今頃は「よくやったな」と胸を張って言えるよう、がんばりたいと思っています。

その決意を抱かせてくれることの一つが、App in the Air の集計でもあります。
 
 
 

【パシフィカレースリザルト】思わぬ順位に驚く

IMG_4786

レースの後はレースの話ばかりになってしまって恐縮ですが、先日サンフランシスコのパシフィカで行われたトレランレースのリザルトが出ていました。

なんと、僕は9位!
トップ10入り!!

タイムなんて気にする余裕もなく、完走しただけなのになんでや!?と思ってエントリー数を見ると、30kmの部を走ったのは18人でした(笑)つまり、ちょうど真ん中の順位だったということです。でもトップ10ボードにリストされるのは気持ちいいですね!しかし、トップの方々のタイムはすごい。あのコースを3時間前後で走るなんて・・・さすがトレラン王国、アメリカのランナーですね。次回は3時間台で走りたい!

ちなみにエントリー数ですが、50kmは4人、ハーフは54人、10kmは49人でした。トータルで125人が同じコースを走っていたと思うと、皆さんに親近感が湧きます。何万人も走る都市型マラソンもいいけれど、こういう草レースもいいものですよね。

さあ、次は11月の大阪マラソン。
もう二ヶ月後になってしまいました。トレーニング再開です。

こちらは、レース前日のカーボローディングメニューです。
IMG_4673

IMG_4671
 
  
 

習慣ってこわい

 
 
サンフランシスコ国際空港での朝食。

以前、メキシカンのカフェテリアがあった場所は、無事に改装工事を終えて「NAPA FARMERS MARKET」という地元のオーガニックな野菜を使ったカフェテリアになり、リニューアルオープンしていました。まあ確かにスーパーハイカロリーなメキシカンよりはベーグルサンドやスープやサラダの方が健康的で良いと思います。

ということで、僕もサラダとシエラネバダのペールエールで朝ごはん、朝ビール。

IMG_4782

IMG_4780

ここサンフランシスコ国際空港は、チェックインから手荷物検査、搭乗口までのルート(朝ごはんを食べる場所や、どこでトイレを済ますかまで)まで体が勝手に動く空港の一つですが、今回、関空行きの搭乗ゲートが99から93に変わっていたのを知らず、そのまま「いつもの場所だろう」と何も考えずに一番奥の搭乗口を目指していたところ、同行の社員に「93ですよ!」と声を掛けられて気付くということがありました。

習慣って怖いですよね。
ちゃんと確認すべきは確認しないと、時代は刻一刻と変わって行っているのですから。今回の学びの一つです。

FullSizeRender
 

 
 

【海外初レース完走!】太平洋を見下ろしながらの30kmトレランのレビューを美しい写真と共に

21706255_10214330918366616_1744229927_o

サンフランシスコの南、パシフィカ・サミットで開催された30kmトレランレース、無事に4時間で完走しました!!

累積標高1250mというハードかつ長距離コースでしたが、太平洋を眼下に見下ろしながらのレースは最高の思い出になりました。こちらは夜の21時半ですが、出来るだけ記憶が新しい内にメモしておきたいので写真と共に振り返りたいと思います。

このレースはまさに手作りの大会。恐らく参加者も100名程度です。
ゼッケン引き換えもこんな感じ。
IMG_4676

IMG_4681

こちらがコースマップです。配られることもないので、写メを撮って持参しました。30kmの部は、ピンクを一周、オレンジを二周します。50kmは更にピンクを回ります。地獄ですね。
FullSizeRender

参加者同士もアットホームな感じで交流しています。
IMG_4683

レース前にみんなでパチリ。
IMG_4691

ここがスタート。ディレクターから注意事項を受けます。
IMG_4694

コースは基本山道です。トレランレースだから当然といえば当然ですね。乾燥しているのと、日陰がとても少ないので、こまめな水分補強は必須です。
IMG_4695

IMG_4696

それにしても良い天気でした。
太平洋を見下ろしながらのレースは疲れを忘れさせてくれます。
IMG_4701

IMG_4707

IMG_4709

上り坂に飽きたので、ボロ雑巾のような表情で自撮り・・・眩しすぎて目が一重になっています。
IMG_4712

最初のピンクのコースの折り返しは、この山の頂上(ポールが立っているところ)。ようあそこまで上がったなあ・・・50kmの部は、麓から頂上までを二往復します。地獄ですね。(2回目)
IMG_4721

野生動物にもたくさん出会いました。
鹿に、
IMG_4722

七面鳥
IMG_4734

10k、20k、30k、50kと4つのクラスがあるのと、参加者が少ないので、基本的に一人旅になります。すると、トレイルにリスや野うさぎ、トカゲなどが出てくるんです。彼らはすばしっこいので写真は撮れず、残念でした。

とはいえ、ランナーとすれ違ったりすると、「Good Job!」 「All right!」 「Keep Going!」などと声を掛け合います。君は何キロの部にエントリーしているの?がんばってね。など、会話をすることもあり、それが励みになります。

IMG_4723

こちらは20k地点のエイド。コーラがあるのが嬉しい!エイドはチェックポイントも兼ねています。遠くからゼッケン番号を見て、「ヘイ、トム! (僕の米国での呼び名)、お疲れ様!なんでもあるからしっかり給水、補給して行ってね!」など声を掛けてくれます。
IMG_4727

そんな親切なエイドの方が写真を撮ってくれました。
IMG_4729

なんとかラスト10を走破し、無事ゴール!
21706255_10214330918366616_1744229927_o

IMG_4766

参加賞のTシャツとボトルです。
IMG_4738

最後に20kの皆さんと記念撮影!お疲れ様でした。
IMG_4736
 
自分にとっては初の海外レース。しかもトレランレースに出場すること自体、昨年の六甲山レース以来2回目とあり、多少不安でしたが、素晴らしいコース、アットホームな雰囲気、参加者同士の仲間意識や交流など、終わってみれば本当に素晴らしい経験となりました。

次回はトレランだけでなく、海外でのフルやハーフにもチャレンジしてみたいと思います!