ひょっとして秋めいてきましたか

地元の気の置けない仲間たちとのプライベートゴルフから帰り、ハイボールを飲みながら夕飯を作っている、この時間がとても幸せです。

家族は買い物に出掛けているので、リビングを独り占め。Bluetoothスピーカーから”Bill Evans – You Must Believe In Spring”を流していますが、窓から入る風が少し秋めいてきたようで、とても心地よい夕暮れ。

そういえば、今日もゴルフ場は爽やかでカラリとした風が吹き、なんだか秋めいて来たように感じます。このまま真っ直ぐ寄り道せずに涼しくなってくれたら良いのですが。

FullSizeRender

今年は雨が多かったので、どのコースもコンディションは最高ですね。今日は仲間の一人がメンバーである三田レークサイドで楽しませていただきました。ほんと楽しかった!

IMG_4241

いよいよ8月も最終週ですね。今週の金曜日からは9月がスタートします。9月の声を聞くと、年末へのカウントダウンが始まるような気がします。一日一日をしっかりと。

最後は今日のランチの写真で締めくくりましょう。
IMG_4244

短い距離ながらも

そういえば、昨日久しぶりに早起きして朝ランをしました。

確か木曜日は気温が高くなった日で、朝6時台とはいえ汗でビッショリ。今月、思うように距離を稼げていないこともあってか体力も著しく低下しているし、夏バテ気味で、トボトボとゆっくりペースでジョギングする結果となりました。

朝からバテちゃうと、一日の仕事にも影響がありますからね、という言い訳をしつつ。それにしても、芦屋川沿いの松林はきれいです。

IMG_4150

夜は気の置けない友人たちと、いつもの蕎麦屋さんで。

カウンター席で隣合った方はメディアにもよく出演している某鯖寿司メーカーの社長で、今度、鯖寿司を握っていただくことになりました。鯖に対する愛情と情熱がすごい!蕎麦飲みをされる方は、何かしらすごい技術やスキルを持っていますよね。あくまで個人的な統計ですが。

IMG_4153

来日客に喜んでいただけるメニュー

韓国の現地代理店の皆様が来日。

月曜、火曜の二日間、トレーニングとミーティングをこなされました。
ずっと詰め込みでやっているので、やはり楽しみは美味しい食事でしょう。リクエストを聞いてみると、お好み焼き、豚骨ラーメン、寿司。このラインアップは、海外に人だけでなく、日本人でも大好きですからね。

こちらはお好み焼きだけではなくサイドメニューも豊富な京ちゃばなの鉄板メニュー。

IMG_4144

そして、市場寿司。(天満の春駒はなんと夏休み中でした)
IMG_4147

順調に拡大しています。
やること盛りだくさんです。
 
 
 

馴染みの店は旅人を癒やす

自分にとって馴染みのある店というのは、どの国に行っても、どの街に行っても、我が家から離れて一時滞在している出張族(旅芸人ともいう)にとってはありがたい存在です。

馴染みのある、というのは、「安心できる」と言い換えることができるかもしれません。

知った店の雰囲気、味、そしてもっと親しい場合には、店主や馴染みのスタッフとの目配せや会話。変な緊張や気遣いなく過ごすことができる。なぜそれがありがたいかというと、いつもそこで店を開けていてくれるからです。地元に根ざしているというか。

祖父が商売人だったから良く分かるのですが、雨の日も風の日も、気分が乗ろうが乗らまいが、お客が来る来ないに関わらず、忠実にそこで店を開け続ける。それが商売なんだから当たり前でしょ、会社もそうでしょ、と言われればそれまでなのですが、どうも、僕はその「土地に根ざす」ということに対して、リスペクトしてしまうのです。不思議ですよね、なんでだろう。

一つに自分が一箇所に落ち着くというのが苦手なこと、そして現実問題として皆が皆リモートワークだったりジェットセッターだったりとすると、その地域のインフラ、地域経済は誰が支えるのかという問題に対して、自分が挙手できないということを自覚しているからかもしれません。

いずれにしても、久しぶりに再訪した南武線某駅の居酒屋、変わらずさすがの美味しさでした。
IMG_4110

努力してインプットしたことには価値がある

関東地方はずっと雨。

今週の天気予報を見ると梅雨のようでがっかりしてしまいます。さすがに外を走ることは出来ませんしね。その変わりインドアを楽しむことができるので、大学の図書館で文献を読んだりして普段できないことを楽しんでいます。こういう時こそ、しっかり、インプット、インプット。

僕のインプットの目的は、(とても大雑把にいうと)会社を成長させるためのロジックについてアカデミックな観点でアプローチをしエビデンスを獲得するためですが、シンプルに企業がすべきことは、利益追求と技術を通して社会をより良くすることと、社員とその家族、取引先を始めとするステークホルダーを幸せにするということですよね。

逆に、このようにシンプルなことをシンプルに語るためには、膨大な研究と実証に基づく理論も必要なわけです。ビジネスには感覚、感性も必要ですが、やはり努力してインプットしたことには価値があると思っています。マラソンと同じで、積み重ねた距離に価値があるように。

全然関係ないですが、ステイ先に王将があると王将ばかり行ってしまいます。
腹ごしらえも大切ですよね!

IMG_4107

食べた分だけ消費しなければならないという面倒なシステム

今日は予定を入れず、ゆっくり身体を休める一日。
身体を休める日とはいえ、走ることだけはしなくてはなりません。今必要なのは体力づくり。次のレースであるサンフランシスコ・パシフィカサミットのトレランレースまで、あと二ヶ月を切ってしまいました。

今日は芦屋川と住吉川2周往復の約20kmのコースを選択。住吉川は登りと下りの両方を練習することができるので最適。曇天で涼しかったとはいえ、夏場の日中は基本的にLSDペースです。タイムを追い求めないので、信号停止やコンビニでの水分補給なども時計は流します。

IMG_3623

走っていると2号線沿いのある場所で、スマフォを片手にした集団が歩道に溜まっているのが見えてきました。

近づくと、その集団が一つのグループという訳ではなく、お一人様もいれば、カップル、グループなど、様々なのです。その場を走って通り過ぎると、今後はその場所に向かっているであろう、やはりスマフォ片手の色んな人たちとすれ違いました。これがもしかして、ポケモンGOのスポット(?)なのでしょうか。僕は全然やってないので分からないのですが、どこかにレアキャラが出現するという情報が出ると、そこに人が集まるんですよね。なんかそんな風に聞いたことがあります。

ランの方は無事に予定の距離を達成。先週はラーメンスイッチが入ってしまい、炭水化物をたくさん摂取してしまったので、1500カロリーの消費も嬉しいことでした。

さあ、明日からもがんばりますよ!

たまにすごく食べたくなる、一蘭のラーメン・・・

IMG_3512

蕎麦屋での酒場談義はジャズとゴルフ

蕎麦屋飲みは、居酒屋に行くのとは少し雰囲気が違います。小料理屋のカウンターとも少し違う。何が違うのか、明確に表現できるほどの語彙を持ち合わせてはいませんが、あえて言うなら「粋」ということになるんでしょうか。

昨夜は仕事帰りに少しクールダウンしたくて、一人で馴染みの蕎麦屋の暖簾をくぐりました。カウンター席で隣り合わせた常連さん方と、挨拶代わりの酒場談義。様々な話題の中で特に印象に残っているのは、最初にご一緒させていただいた紳士とのJazzトークでした。1961年、NYのVillage Vanguardで録音された、Bill Evans Trioの”Sunday at the Village Vanguard”は、なぜすごいのか、酔っ払った時はオスカー・ピーターソンではなく、キース・ジャレットが聴きたくなるよね、とか、共通かつ共感できる話が多く、ついつい盛り上がってしまいました。こんな話を延々と「初めまして」のお客さんと出来るのも、蕎麦屋ならではかもしれません。

閉店前に最後に残っていた常連さんとは二度目のカウンターでしたが、共通の趣味であるゴルフの話題から、ラウンドの日程まで決まり、それはそれで楽しみです。皆さん、年齢的にも大先輩の方々ばかりで学ばせてもらえることが多い上に、色々と気にかけていただけることもあり、幸せを感じます。

蕎麦屋飲みは、決してハードルが高いものではないのですが(費用もどちらかというと安い)、集まっている方が「粋」な方ばかり。もちろん店にもよるのでしょうが、どうもそういう傾向が強いように思います。

いずれにしても、Jazzとゴルフは人を近づけますね。

soba

タクシーの運転手さんに景気の動向を聞く時代ではなくなったのかもしれない

東京から取引先が来阪されました。彼は数年ぶりの大阪ということ。せっかくなので大阪っぽいものを食べましょうということになり、粉モンと串カツの二択で選択していただきました。

結果はこちら。

IMG_2664

大阪を代表する「だるま」です。
最近、会社近くの茶屋町にオープンしたので、とても便利になりました。普段、彼は東京で多店舗展開している「串カツ田中」に行くらしいのですが、関西からのお客さんと一緒に行くと、「本場大阪の味と書いているけど、大阪とはなんかちょっと違う」と言われ、気になっていたようです。ちなみにこの「田中」ですが、僕も東京でしょっちゅう目にするもののまだ一度も入店したことはありません。

さて、だるまはメジャー店ですが入りやすいし美味しいしで、やっぱり安定感がありますね。久しぶりの串カツでしたが、とても良かったです。

二軒目のビールバーを挟んで、三軒目は新地へ。ここで終電がなくなりタクシーで帰宅しましたが、タクシーの運転手さんと話をしていると、新地も暇ですわ、人おりませんねん、ということでした。先週の木金は期待していたらしいですが、電車がなくなるまで飲む人がいないようです。

僕は北新地でタクシーに乗ると必ず、最近どうですか?と聞くようにしています(誰やねん)。

先月の発表で、「景気拡大がバブル期を超え 4年4か月続く」とありましたが、こういうニュースをみると、「どこか?実感ないよね?」となります。しかし景気拡大というのは、少なくとも「後退」しなければ「拡大」となるため、バブルのイメージのように「急拡大!絶好調!」という訳ではなく、なんとなく、じんわり、ゆっくり、ちょっとづつの拡大がながーく続いているということなんですね。

一昔前までは、タクシーの運転手さんと話をすることで景気の判断ができたのかもしれませんが、今は高齢化社会に加え、時代の変化に伴って、価値観、文化も変わりつつあります。お金が増えると外食や飲みに行き、クラブで遊ぶという時代ではないんでしょうね。

逆にそういう人たちは時代と共に淘汰されるか、高齢化していき、好景気の恩恵を受けている人たちは早めに家に帰って走ったり、読書をしたり、ビットコインに投資したりしているのかもしれません。
時代の変化に伴い、個々のマインドセットも変化させなければなりませんね。

人と自然と充足感と

朝の爽やかな空気に誘われ、半ば義務的に4時半に起床。

シャワーを浴びて向かうは大津のゴルフ場です。今日は愛する会社の仲間たちとの社内ゴルフコンペでした。とても「身内感」のする中に、今日は取引先の社長も混じってくださり、更に身内感が増すゴルフとなりました。やはり自然の中で仲間たちと楽しむゴルフは最高です。

IMG_2648

車を走らせて少し家でゆっくりした後、サンノゼからアメリカ人のメーカーを迎えて大阪城を見ながらの会食。

夕日に染まる大阪城に、
IMG_2653

夏を告げる鮎の塩焼き
IMG_2651

利き酒三種
IMG_2652

日本食通のゲストは大喜びでした。お誘いいただきましたNKさん、ありがとうございました。

最後はグランフロントで開催中の、地元の仲間たちによるビアガーデンの会(の最後)にちょっとだけ合流。気の置けない仲間たちとの楽しい時間は最高でした。やっぱり、人っていいな。仲間っていいな。みんな年とっても元気でがんばっているな。

そんな風に思える、多少ハードだったけれど、満足感に満たされた一日でした。

野菜から食べ始める

忙しい日々が続いていますが、日頃の食生活は出来るだけ規則正しくを心掛けています。まず、食事は出来るだけ野菜から食べるようにしています。炭水化物は少なめにし、タンパク質を大目に。朝はスムージーからスタート、昼は野菜大目でたっぷり食べ、夜はタンパク質を。

会社近くのインド料理屋は、インドやシンガポールの来客との会食だけでなく、日本人同士で行っても最高ですが、ここでオーダーするマトンのシークカバブなんて、いかにも肉肉しくてディナーとしては最高です。

IMG_2383