涼しい夜には積読の本を引っ張り出して

IMG_5360

ノンアルコールの会食帰り、夜空を見上げると少し雲が途切れ始めているように見えました。雨も降っていないので、帰宅後、ここぞとばかりすぐに着替えて家を飛び出しました。

気温も低く、走りやすい夜。今日は普段よりたくさんのランナーとすれ違いましたが、みんな雨があがるのを待っていたんでしょうね。

さて、涼しい夜は、やっぱり読書です。

今年のノーベル経済学賞は、リチャード・セイラー教授が受賞されましたが、そういえば・・・と、リビングの書棚に目をやると、やっぱりありました、「行動経済学入門」。

確か3、4年くらい前だったと思いますが、その当時の僕は、経済ってホントに非合理的だし、感情で動いているよなあ・・・と深く考えていた時期で、たまたま書店で目に入ってすぐに購入したのが、セイラー教授のこの本だったのです。

買ったことに満足してロクに読めていなかったので、このタイミングで改めて、ちゃんと読んでみようと思っています。この秋は、行動経済学にハマってみても良いかもしれません。


 
 
 

【人間愛】「変な話」と始まる後の話が変だったことはあまりない

IMG_5376

10月なのに梅雨のような天気が続きますね。

こうなってくると、変な話、走りに行けなくて予定している距離が稼げないし、週末のゴルフやBBQもどうなってしまうのかと、心配で仕方ありません。

「変な話」の後の話が、ごく普通の話ですね。

今日は荒削りだけど、優秀なエンジニア(在籍11年半)の卒業式でした。
仲間っていいな。最高の仲間たちと最高の飲み会。

さあ、明日もがんばろう。
 
 
 

今年もアシックスさんにお世話になります

IMG_5362

ランシーズンに入る前の重要な行事と言えば・・・そう、シューズ選び。
ちょうど今日、グランフロントに行く用事があったため、ようやくアシックス・ストアに行くことができました。ちなみに、ランニングチームでお世話になっているアシックスのKさん、今日はランニング・クリニックの引率だったようですが、雨が降ってきたため、参加者の方と共に室内ストレッチの先生をしておられました。

さて、肝心のシューズ選びですが、Kさんの代わりに店長さんに付き添っていただき、試し履き。

IMG_5361

結局、昨シーズンの一年間、フルマラソン3本、ハーフマラソン3本を共に走り、地球2.5周分した海外出張先にいつも帯同してくれた Gelfeather Glide 4 をチョイスしました。やっぱり、僕のような中堅ランナーはこれ。間違いない。このシューズのお陰で昨シーズンは3時間44分という好タイムを叩き出すことができましたし。

今年はターコイズブルーとイエローのツートンで。
IMG_5370

早速、今日の夕方でも試走しようかと思っていたのですが、あいにくの雨。
直近のレースは西宮ハーフマラソンですが、今年も Enjoy, have fun run!でがんばりたいと思います。
 
 
 

誘惑を断ち切りながら

IMG_5353
(住吉川の夜景です)

仕事から帰って、まだ薄明るさが残る中を11kmラン。
この時間の国道は誘惑がいっぱいです。今日のお昼は打ち合わせでランチ抜き。お腹ペコペコで走り出したといこともあり、沿道の焼肉、やきとり、餃子、ラーメン・・・その他の飲食店から漂う香りに目眩を感じながら、歩を進めました。いい匂い、し過ぎ!笑

このような誘惑に対抗するために、最小限の小銭と交通系電子マネーしか持たないようにしているのです。もしお金持っていたらフラフラと入ってしまいそうになりますから。

10月に入っているにも関わらず、予定がいっぱいで思うように距離を稼ぐことが出来ていませんが、こうして細切れの時間を利用して少しでも走っていると、後から効いてきます。塵も積もれば山となる、ですね。

今日は箱根駅伝の予選会があったようです。悲喜こもごも。
もうそんな時期。
 
 
 

ラーメン雪崩が起きないように

IMG_5351

写真は昨夜、新大阪駅の亀王ラーメンです。
ラーメンって中毒性がありますよね。

これでも僕はランナーなので、一応体重管理はしているつもりなのですが、一度ラーメンを食べ始めると・・・毎日ラーメンが食べたくなってしまいます。二日食べると、三日連続、四日連続・・・と立板に水を流すようにラーメン雪崩が起きてしまうのです。どこかで断ち切らないと常習してしまう中毒性がある食べ物・・・怖い!

しかし、食べてしまったものはしょうがないと、二夜連続ラーメンを食べた後は、二夜連続でライトラン。二日前までは蒸し暑い夜でしたが、天気が下り坂になるにつれ、気温の方も随分下がってきました。夜の気温が20度を下回るようであれば、金木犀との相性も抜群。

秋!という感じがします。
 
 
 

ナイトランで感じる気温と香りの違和感

IMG_5350

久しぶりに地元の国道をナイトラン。

それにしても10月とは思えないくらいの蒸し暑さ。そんな季節外れの異常な気温でも、金木犀や銀杏はちゃんと秋を感じているようで、そこかしこで香りを漂わせてくれています。銀杏はともかく、僕の中で金木犀は一年で一番好きな季節である秋のイメージそのままに大好きな香りなのですが、そこにキリッと冷えた空気がなければ、気持ちの高揚も半減してしまいます。

やっぱり、朝夜は寒いくらいじゃないと秋とは言えませんし、そこに金木犀の香りがあって始めて、最高のシーズン到来!となるのですが・・・なんだか不思議な感じです。

 
 

刻まれる記憶と感情に及ぼす影響の深み

IMG_5344

考えてみると、この一ヶ月は毎週過ごす場所が異なるという生活をしていました。カリフォルニアのシリコンバレーに一週間滞在した後は、東京に行き、神戸を経て、先週はシンガポール、そしてこの週末は長野県の八ヶ岳山麓です。

IMG_5340

今の時代はどこにいても、ネット回線を経由して人と話し、会うことができ、様々な映像で世界を旅することができます。しかし、そのようなデジタルの世界と、現実の世界とを比較してみると、刻まれる記憶と感情に及ぼす影響の深みが、全く違うということに気付きます。

少なくとも、僕はITの世界で生きていますが、利便性やスピードを追求しながらも、人間として生きるための必要な要素を、山や木々の香り、風の音、目から入る自然の彩りなどによって充足しているようです。

IMG_5339

IMG_5342

今、この瞬間にも衆院選を戦っている友人がいたり、時代を牽引すべく昼夜問わず働いている人がいたりしますが、僕は僕として、このように木々の中で自分の心の声に耳を傾け、耳かき一杯分もないくらいの脳みそを、錆びついた自転車を漕ぐように回して、思考を思い巡らします。

特に主義主張も、影響力も存在感もない一市民として、少なくとも“のんべんだらり”と生きるのではなく、自分が納得できるレベルで、少しでも磨けるものはコツコツと磨き続けていきたいと思っているだけの生き方ができれば、それは自分としては、望ましい生き方ということができます。そのようなちっぽけな人間の小さな決意を後押ししてくれるのは、自然のパワーだと実感します。

IMG_5341

IMG_5345
 
 
 

富士の大自然に触れる旅 〜 白糸の滝、鳴沢氷穴、青木ヶ原樹海へ

IMG_5162

滞在している蓼科高原の家から一時間半程度で、富士の裾野に広がる朝霧高原に行くことができます。夜中に降った雨も朝には上がり、最高の晴天でしたが・・・富士山には厚い雲が覆っていました。まあ、富士山との出会いは一期一会ですからね。

あの龍の巣の向こうに富士山がドンといるのです・・・
IMG_5252

さて、朝霧高原から白糸の滝へ。
22366354_1653541781364137_7221788687409657334_n

22291305_1653541748030807_6721498791421687914_o

こちらは音止の滝。
22279572_1653541818030800_8252620868595880037_n

マイナスイオンをたっぷり浴びた後は、更にマイナスイオンを浴びるべく、鳴沢氷穴へ。途中で本栖湖が見える展望台に立ち寄りました。

ススキと湖と山と。秋の気配ですね。
IMG_5219

さて、こちらが天然記念物、鳴沢氷穴の入り口です。
IMG_5235

サンバイザーの上からヘルメットを装着。
IMG_5228

一年を通じて洞穴の中は気温3度。入る前は、ドキドキします!
IMG_5232

青木ヶ原樹海の底ですからね。見上げるとここが洞穴の入り口だと変に感心します。
22365168_1653542014697447_4164107763799738890_n

22310385_1653542044697444_4292423827861705497_n

一番低いところで高さ90cm。その先には、天然の氷棚が!
22309017_1653542111364104_5526462014200095886_n

江戸時代は、ここから氷が切り出されて将軍に献上されていたとか。まさに天然の冷凍庫ですね。
22221779_1653542151364100_4243481379435016004_n

氷穴の入り口には、溶岩樹形が展示されていました。この空洞は、溶岩に巻かれた木が風化したあとにできたものです。自然の力って本当にすごい・・・
IMG_5234

富岳風穴は、鳴沢氷穴から車で3分ほどのところにあります。
IMG_5239

ここは氷こそないものの、天然の冷蔵庫として、養蚕の全盛期には蚕の卵を保管したり、種子の保管場所として使われていたそうです。
IMG_5244

いかにも洞穴!
22221956_1653542081364107_8929863724844463542_n

ここも樹海の底です。
IMG_5248

富士の裾野には火山活動で出来た、このような洞穴や風穴、泉や滝がたくさんあり、その自然の雄大さを実感することができます。もっともっと行きたいところが増えました。

富士山は雲に覆われていましたが、帰りの中央道では、八ヶ岳の勇姿をしっかり目に収めることができました。
IMG_5280

IMG_5264
 
 
 

高原で鹿を追いかけて

IMG_5138

おはようございます。
この三連休は八ヶ岳ベースで過ごすことになっており、昨夜、車を飛ばして長野県までやってきました。

夜中に到着してゆっくり睡眠をとってから、朝、リビングでコーヒーを飲んでいると、甲高い鳴き声が聞こえてきます。外に出て家の裏に回ってみると、大きな鹿が一頭、こちらにハート型のお尻を見せながら斜面を登っていきました。ここは鹿やリス、キツツキなどの野生動物が庭に顔を出してくれるほど身近な場所です。時々、植えている木の新芽を食べたりして悪いこともするのですが。

IMG_5136

朝は10度前後で寒いので、薪ストーブをつけました。
今日から、勉強、読書、テニス、ジョギング、ハイボールをローテーションする連休が始まります。
IMG_5139
 
 
 

【Airport Gallery】5年ぶりの Changi International Airport(チャンギ国際空港 SIN)

IMG_5104

全国の空港フェチにお届けする人気シリーズ、「Airport Gallery」。
今回はシンガポール・チャンギ国際空港をご紹介したいと思います。

この空港を利用するのは、なんと5年ぶり。前回の滞在以来、随分ご無沙汰となってしまいました。チャンギの中では一番新しい、ターミナル3を往復ともに利用しましたが、やはり、ここは良い空港ですね・・・さすが、スカイトラックス社が発表する「空港ランキング」で毎年トップの座を守っているだけあります。(2017年はなんと羽田が2位!)

この一年もあちらこちらの空港を利用しましたが、改めてその良さを実感。ちなみに今はターミナル4が建設中で拡大が続いています。そんなチャンギ国際空港ですが、いかにも「ザ・アジアの空港」という、ゴージャスで多機能な空港です。国際線を利用する旅客やビジネスマンが不自由なく使える施設やラウンジがとても充実しています。

では、まずは到着ゲートから。

IMG_4877

IMG_4878

サインが分かりやすく、迷う要素がありません。

IMG_4880

IMG_4881

IMG_4882

市内への大動脈、MRTの乗り場にも簡単に行けてしまいます。この辺りは羽田の京急に行く導線と良く似ていますね。

IMG_4883

IMG_4884

ガラス張りで近未来的。

IMG_5097

こちらはMRTの駅から出発ターミナルへのエスカレータ(ターミナル3)。

IMG_5099

さて、ここからは出発ターミナルです。

チェックインカウンターのこの美しさ。最近はどこの国の空港もきれいだけど、やっぱりチャンギにはチャンギにしかない魅力がありますね。ちなみに、仁川国際空港も同じような雰囲気で良く似ています。

IMG_5100

IMG_5102

イミグレを過ぎてもお店がたくさん。関空ももっと店増やして欲しいなあ。店の数が少ない上に、夜は21時半にどこも閉まるし・・・マクドとすき家しか24時間オープンの店はありませんからね・・・

IMG_5103

IMG_5114

さてビジネスマンにとって最も重要なのは、ラウンジの充実度と、シャワーの有無です。今回はプライオリティ・パス対応の、dnata Lounge (ディナタ・ラウンジ)を利用しました。写真は撮りませんでしたが、シャワー室は2つあり、ラッキーなことにガラ空き。そして、とても清潔に保たれていました。

アルコールやホットミールも、そこそこ充実しています。たまにホテルの朝食バイキングのように、コックさんが目の前でオムレツやパスタを作ってくれるラウンジがある空港もありますが、これくらいあれば十分です。ちなみに、チャーハンとエビのフリッター、クラムチャウダーがとても美味でした。

IMG_5113

IMG_5115

アルコールは、ビールやウイスキー、ワインなど。シュエップスのソーダがあるのが嬉しかったです。

IMG_5116

IMG_5106

IMG_5117

こちらは出発ゲートです。

チャンギのいいところは、ゲートブロックごと(AやBなど)に手荷物検査場が置かれているところ。通常は、イミグレの前や後にあるものですが、ここはブロックごとに分散しているので、混雑緩和に一役買っていそうです。

帰りは、A1ゲートからSQ関空行きに搭乗しました。A1ってのがいいなあ。
IMG_5118

出発時はスコールで大雨でした。
IMG_5119

IMG_5109

お楽しみいただけましたでしょうか。

世界の空港ランキング、ナンバーワンのチャンギ国際空港は、やはり、旅行者に優しい素晴らしい空港でした。

しかし、羽田や関空のように、日本の空港もランキング上位の常連として顔を出しているのも嬉しいことです。アジアの空港が切磋琢磨し、これからも良い空港づくりに励んでいただきたいと思います。(←どこから目線)